ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

足のガサガサ・足裏の角質・足の臭いを解決する方法

あなたは足のニオイの原因をご存じですか?

足のニオイの大きな原因は足の爪に付着しているゴミです。

この足の爪のゴミは長年足にこびりついているため、通常の方法では簡単には取れません。

なのでニオイがなかなか消えないのです。

根本的に足のニオイを消すにはフットバスを利用して軟化剤や甘皮処理するなどネイルサロンにしかできないフットケアが必要になってきます。

フットケアが初めての場合には角質ケアなどキレイになるまでに数回通っていただくのがべストです。

出来たら最初は3週間ごとに通っていただくのがベストです。

初めて足のケアをされる方のほとんどがかかと足の臭い足裏の角質爪の角質などお手入れを集中的に行う必要があります。

角質も一気に削りすぎるのはNGですので数回に分けて削ります。

ですから続けて3回通っていただくのがベストです。

ですので目標をいつに設定するかで変わってきます。

例えば夏の時期に足をキレイに仕上げたいという場合には春前から通っていただくと梅雨明けにはサンダルをいつ履いても恥ずかしくないぐらいのキレイな足になってます。

足の臭いが気になってネイルサロンでフットネイルをする勇気がない方も多いようです。

結論から言いますと足の臭いが気になる場合私でしたら100%【フットバスを使ってお手入れする】ネイルサロンに行くのがおススメです。

なぜかというとだいたいフットバスを使っているサロンではまず席に座った時点でフットバスに足を付けるようになっています。

この流れですと足の臭いを気にする前にお湯につけてしまいますのでそれほど気にならないかと思います。

フットバス(お湯)の中につければとりあえず足の臭いは封印されます(笑)。

正直足の臭わない人なんて私の経験上いませんので実際それ程気にする必要はないんですけどね。

それよりもフットバスを使ってお手入れすることの効果の方が大切だったりします。

なぜなら足の臭いの原因となる爪回りや爪も裏のごみをキレイにすることができるからです。

なぜフットバスを使うと爪回りのごみがキレイになるかというとフットバスに足を付けることで角質が柔らかくなりお手入れしやすくなるからなんですよ。

逆にフットバスを使っていない(お湯に足をつけない)タイプのネイルサロンやネイルメニューでは足の本格的なお手入れは出来ないと思ってください。

指と指の間をきっちり洗えば足の臭いは改善できる

足の臭いがあるなら足の洗い方を見直そう

きちんと洗っているのに足の臭いが気になるという場合には【洗い方】を見直す必要があります。

意外と忘れがちなのが【指と指の間】です。

指と指の間は一日中靴の中で蒸れて臭いがたまっていたりします。

ですので指と指の間を忘れずに洗うというのがおススメです。

指と指の間をきっちり洗えば足の臭いは改善できる

足の臭いをなくす洗い方のポイント

洗い方のポイントは以下の通りです。

・石鹸を泡立てる・手を使って指と指の間をすべて洗う・石鹸を流す意外と簡単でびっくりするかもしれませんが忘れがちな部分です。

これだけで足の臭いが気にならなくなったりしますのでぜひ一度お試しください。

足のお手入れはネイルサロンでするのがお肌や爪のためには一番いいです。

足は手に比べて角質がたまりやすくそれが臭いの原因となるケースが多いからです。

足のニオイにお困りの方はネイルサロン エクラーラ品川・大井町店にお任せください。

爪周りのゴミ・甘皮処理・かかとのガサガサ・足裏の角質などを最高級のネイルケアで綺麗にして、足の臭いをシャットアウトします。

個人差はありますが、早い方なら1回でもう足のニオイの悩みから解放された方もおられます(遅くとも数回でニオイは改善します)。

ぜひ1度お試しくださいね。

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴

書籍紹介(Amazonにて発売中)

プロネイリストが教える!ツルっとキレイに仕上がるクリアジェル塗り方3つのコツ

サイドメニュー

記事リンク