ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

マニキュアをすると数日後に無数に細かいヒビが入るのはなぜ?

マニキュアヒビ

マニキュアにヒビが入ってしまう原因と対策をプロのネイリストがまとめました!

ヒビのないキレイなマニキュアの仕上げ方

爪がうすいとマニキュアにヒビが入ることも

ヒビ塗ったマニキュアにヒビが入ってしまうというご相談についてお答えします。

マニキュアにヒビが入っていしまう理由はいくつかありますがまず

爪が薄すぎたり柔らかすぎたりする場合塗ったマニキュアにヒビが入ってしまう場合があります。

爪は通常ある程度しなるものでそれに合わせてマニキュアも設計されています。

しかしあまりにも爪が柔らかかったり薄かったりして頻繁にしなるとマニキュアにヒビが入る場合があります。

マニキュアに関する関連動画

マニキュアの関連動画をご紹介します。マニキュアをキレイに仕上げるためのわかりやすい動画となっています。是非参考にしてください↓

爪を磨くことで薄くなりマニキュアにヒビが入る

ヒビの入らないマニキュア塗り方ってあるんでしょうか?

まずはマニキュアを塗る際に爪を薄くしないことが大切です。ネイルがしなるとその分マニキュアがついていけずヒビが入ることがあるからです

ちなみに爪がうすくなってしまう一番の原因が頻繁なジェルのつけ外し。

私自身も経験あるんですけど薄くなった時にマニキュアを塗ったところ爪先がしなってヒビが入ってしまったことがあります。

ジェルネイルをやめてキレイに生え変わったところ塗ったマニキュアにヒビが入らなくなりました。

これ以外にも頻繁な爪磨きも薄くなる原因にも。結果としてマニキュアを塗ってもキレイに仕上がりません。

ジェルはやらなくても頻繁に爪を磨いている方は多いです。

心当たりのある方は爪磨きは全体ではなく根元のみにしておく方がいいかもしれません。

爪が引っ掛かりやすい部分はマニキュアのヒビの原因に

実は爪の形がマニキュアのヒビの原因になっていることがあります。

例えばスクエアオフ。四角い形でマニキュアを塗るとかっこいいです。以前とても人気のあった形でした。

この形は爪を大きく見せてくれるのでとても便利なのですが両端が引っ掛かりやすくマニキュアを塗る際にも正直実用的ではありません。

スクエアオフの爪にマニキュアを塗ると両端に塗ったマニキュアにヒビが入ることがあります。

実際私もマニキュアにもヒビが入ったことがありました。マニキュアで負担のかかるところは基本的に

  • 爪先
  • ひっかけやすい

場所ですのでひっかけにくい爪の形の整える。

もしくはマニキュアを塗った際には爪先に負担を掛けないように注意することが大切です。

マニキュア【とにかく薄く塗る】のがヒビ防止のコツ

最後にマニキュアにヒビが入りにくい塗り方についてご紹介します。

マニキュアのヒビは爪の薄さやしなりが原因ですが【マニキュアの厚塗り】もヒビの原因になります。特に薄くなった爪にマニキュアを厚塗りすることでマニキュアにヒビが入りやすくなります。

このような場合のマニキュアのヒビ防としてお勧めなのが

【マニキュア薄塗り】です。

マニキュアを塗る際は出来るだけ薄塗りするという方法です。マニキュアの重ね塗りを減らすよりも【塗る際の1回分の量を減らす】という方が効果的です。

マニキュアの量は塗る回数によって若干違ってきます。私のネイルサロンではこんな感じでマニキュアを塗っています。

ベースコート→薄く(爪がうすい場合は薄く2回塗る)

マニキュア1回目→薄く(色ムラになってもいいぐらい薄く)

マニキュア2回目→1回目よりも多く(色ムラを均一にするイメージで)

トップコート→マニキュア2回目と同じぐらいの量

出来るだけ薄くマニキュアを塗ることがヒビ防止に役立ちますし仕上がりもキレイになります。

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

当ネイルサロンがTVドラマで採用されました

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年にオープンしました。