ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

マニキュアとエナメルの違いってあるの?

マニキュアエナメル

マニキュアとエナメルの違いをプロのネイリストが解説します。

マニキュアとエナメルの違いとは?

マニキュアとエナメルは結局同じもの

マニキュアとエナメルの違いについてお話します。

結論から言うとマニキュアとエナメルは同じものを指しています。

ネイルの種類は色々ありますが以下のネイルはすべて除光液で落ちる「あのマニキュア」のことを指しています

マニキュア

エナメル

ポリッシュ

ネイルラッカー

これ全部同じマニキュアっていうのもなんだか不思議な感じがしますね。ではどうしてマニキュアにこんなたくさんの名前がついてしまったのでしょうか?  

マニキュアといえば色素沈着が気になりますよね。

色素沈着の対処法と予防について書いてます。もしよければお読みください↓

マニキュアに関する関連動画

マニキュアの関連動画をご紹介します。マニキュアをキレイに仕上げるためのわかりやすい動画となっています。是非参考にしてください↓

海外サロンはマニキュア=ネイルケア+エナメル

日本ですと

マニキュア=エナメル

同じ意味で使います。実はアメリカやヨーロッパですとこの両者は異なる意味でつかわれます。

まずマニキュアというのはそもそも【手や指先のお手入れ】のこと。マニキュアとはラテン語の

「マヌス」(manus=手)

「キュア」(cure=手入れ)

からきた「手の手入れ」のことを指しています。古代から人はせっせとマニキュアをして指先のお手入れをしていたんですね・・・すごい。

つまり【マニキュア】って日本でいうところの【ネイルケア】のことなんです。

日本に入ってきたときにこのマニキュアが【爪に塗る塗料】として認知されるようになりました。

ちなみに海外のネイルサロンに行くとマニキュアメニューが一番上に書かれていることが多いです。

マニキュアメニューは【ネイルケア+マニキュア(爪にエナメル塗る)】が一般的です。

ネイルサロンではマニキュアとエナメルはカラーリング

ネイルサロンではマニキュアとエナメルってどうやって使い分けているんでしょうか?

実は日本のはネイルサロンではマニキュアは「ネイルカラー」というメニュー名で呼ばれることが多いです。

ネイルカラーを注文するとネイルケアなしでマニキュアを爪を塗ってくれます。ちなみにエナメルという用語はあまり見たことがないです。

マニキュアやエナメルというと【自宅で出来る】というイメージがあります。

しかし「ネイル=爪の上の装飾」という意味で使われるのであれば

マニキュアも本物のネイルです。

ネイルサロンですとネイルケアをしてからマニキュア塗ることが多いので自宅で塗るよりも甘皮ラインに沿ってキレイに塗ってくれます。

マニキュアやエナメルなどネイルの種類の見分け方

お店に行くと様々なネイル用品があります。マニキュアやエナメルならわかりやすいですが【ジェル】と書いてあるものも最近は出てきています。

どうやってマニキュアやエナメルもしくはジェルを見分けたらいいでしょうか?

これはボトル「裏面」を見てみるとわかります。

マニキュアの場合には裏面に「マニキュア」「ネイルラッカー」「ベースコート」トップコート」などのの表記があります。

ジェルネイルの場合には遮光瓶に入っていますので一発でわかります。

逆に言うと、透明な容器に入っていれば除光液で落ちるマニキュアの可能性が極めて高いです。

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

当ネイルサロンがTVドラマで採用されました

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年にオープンしました。