ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

クリアジェルって何?ネイルサロンのプロネイリストがクリアジェルについてまとめました

最近話題の「クリアジェル」。

「クリアジェルってなに?」「クリアジェルってどんなの?」

そう思われたあなたにクリアジェルについて総まとめします。

ネイルサロンのプロネイリストがクリアジェルについてまとめました。

クリアジェルってなんだろう

クリアジェルとは透明なジェルのこと。ジェルの1種。

クリアジェルというと透明なジェルネイルを指すだけではありません。

クリアジェルとはジェルの種類の1つで透明なジェルのことを言います。

ベースや仕上げ用に使用するほかクリアジェルネイル仕上げの際にも使います。

ジェルメーカーによってクリアジェルの使い方は異なる。

ジェルメーカーによってはクリアジェルをベースジェルとしてとして使う場合もあればトップジェルをクリアジェルとして使う場合もあります。

なのでクリアジェルといっても使い方はメーカーによって様々です。

ちなみに私がサロンで使っているメーカーはベースジェルに【クリアジェル】と記載されています。

つまり呼び方が【クリアジェル】でもメーカーによって塗る場面は様々。

  • クリアジェルをベースジェルとして使う場合は爪に直接塗るとき
  • クリアジェルをトップジェルとして使う場合は仕上げやストーンを付けるとき

っていう感じです。

時々硬化ジェルをふき取ったらクリアジェルが取れてしまったというご相談を受けます。

ジェルメーカーによって使うジェルの種類は様々で一概には言えませんがもしかしたら「クリアジェル」はトップジェルとしては使えないのではないかと思われます。

確かにベースはクリアジェルを使う事もありますが通常仕上げはクリアジェルではなく「トップジェル」を使う事が多いからです。

ややこしいですがメーカーによってクリアジェルはベースに使ったりトップに使ったりと使い方が違うのです。

クリアジェルを自分で使う場合はメーカーの説明書をしっかり読む必要があります。

ネイルサロンに行けばそんな心配はいりません。

クリアジェル仕上げのネイルは最近人気。派手なジェルネイルができない人におすすめ。

派手なジェルネイルをしたくない人にはクリアジェル仕上げがおすすめ。

その名の通り【クリアジェルだけで仕上げる】ネイルです。

私のネイルサロンでも人気なのが【クリアジェル仕上げ】。

仕事上派手なネイルはできないのでお店でクリアジェルをしてもらい休みは自分でその上にマニキュアを塗ろうという方が多いです。

実際はベースジェルとトップジェルの【クリアジェル】だけで仕上げます。

クリアジェルの自然なネイルで指をキレイに見せてくれます。

クリアジェルの上にマニキュアを塗った場合はアセトンフリーの除光液でマニキュアを落とすこと。

クリアジェルの上から自分で市販のマニキュアを塗っても綺麗に染まるでしょうか?

クリアジェルの上にマニキュアを塗ることは可能です。

落とす際には除光液を使いますが「アセトンフリー」のものを使うようにするのがコツです。

クリアジェルをする場合はネイルケアと一緒にすると指先美人を実現できる。

クリアのみのジェルネイルで指先美人にする方法ってあるんでしょうか?

ワタシがおススメしたいのが【ネイルケア+クリアジェルネイル】という組み合わせ。

なぜクリアのみのジェルネイルがいいのかというと

  • クリアのみだと爪にツヤが出て指先が明るく見える。
  • 爪のくすみをクリアジェルネイルがキレイに見せてくれる
  • 長く(お手入れを)続けることで爪の形がキレイになる

キレイに仕上げたい場合にはネイルサロンでネイルケアをすることをおすすめします。

クリアジェルは爪の汚れが目立ちやすいですし指周りの角質もキレイにお手入れ出来るからです。

ネイルサロンではクリアジェル・ベースとトップを使い分ける

ネイルサロンではクリアジェルってそんなに重要じゃないです。クリアジェルにすごくこだわってます!っていうネイリストって少ないです。正直。

というのもクリアジェルのほかに「ベースジェル」「トップジェル」を分けることが多いから。
もちろんメーカーによっては「クリアジェル」1つで3役使えるものがあるのも事実。

しかしネイルサロンでは【ベースジェル】【トップジェル】にこだわってお金をかけているケースが多いんです。逆にクリアジェルをこだわって買うということはあんまりしないです。

メーカーによってはプロ用でもベース用を【クリアジェル】と呼んでいる事も。その場合はクリアジェルとして使うこともあります。

そのためクリアジェルをベースやトップとして代用するケースはプロの間ではあまり聞かないです。

トップコートとクリアジェルの違いとは?

クリアジェルとトップコートの違いって何でしょうか?

トップコートの場合は

・ジェルネイルの仕上げとして塗る

・ストーンやパーツを乗せる時に薄く塗ってノリ代わりにする。

こんな感じで使いますね。ネイルサロンではさらに硬めのハードタイプを使って凹凸のあるネイルデザインを作ったりもします。

トップコートは【コーティング】の役割が強いので最後の仕上げやパーツをがっつりくっつけたいときに使います。

逆にクリアジェルは以下のようなときに使います。

・アートをする時クリアジェルを塗って滑りを良くする(ピーコック柄やマーブル・ダイダイ柄のようなぼかし系のアートの時にクリアジェルを使うことが多いです)

・色を薄くしたいときクリアジェルを混ぜる。

・ネイルアートに奥行きを出す時にクリアジェルを塗る(大理石ネイルの場合アートの上に色を混ぜたクリアジェルを塗り再度アートを描くと奥行きが出来る)

とまあクリアジェルの用途ってこんな感じです。

とはいえ実は以上のようなことってわざわざクリアジェルを使わなくてもベースジェルで出来ちゃいます。

つまりクリアジェルって結局【ベースジェル】や【トップジェル】で代用できることが多いんです。

しかしここで注意したいのが【クリアジェルをベースやトップに代用することは出来ない】ってことです。同じように見えてそれぞれ役割があります。

見た目が同じでもクリアジェルでは代用できません。それぞれ用途に応じて使わないとジェル剥がれの原因になってしまいます。

マニキュアタイプのジェルも先にクリアジェルした方がいいですか?

マニキュアタイプのジェルも先にクリアジェルした方がいいでしょうか?

結論から言えばクリアジェルというよりも【ベースジェル】を塗っておいた方がいいです。

クリアジェルというのはメーカーによってはベースやトップとしては使えないものもあるからです。

これはマニキュアタイプのジェルネイルも同じ。

現在マニキュアタイプのジェルネイルが沢山発売されていますが主に2種類あります。

・普通のジェルをマニキュアボトルに詰めているタイプ

・マニキュアの特性を残したハイブリッドジェル

普通のジェルの場合はベース用のクリアジェルを最初に爪に塗ります。

ここで気を付けたいのがハイブリッドタイプのジェルネイル。

多くは【2週間タイプのジェルネイル】が多いです。

この場合クリアジェルも専用のものを使います。

ハイブリッドの場合一般的なクリアジェルとの相性ははっきり言って悪いです。

メーカーごとに特殊な技術(らしいです)で作られているのでもしクリアジェルを使う場合には専用のものを使う必要があります。

クリアジェルも適当なのをジェルに混ぜて・・・というのもクリアジェルの使い方としてはこの場合ススメしません。

私も一度別ブランドのクリアジェルを使って試してみましたが見事に変色してしまいました。

クリアジェルを使うのであれば用途に応じたジェルを使うのがお勧めです。

クリアジェルとミキシングジェルの違いとは?

クリアジェルとミキシングジェルの違いって何でしょうか?

ものすごく簡単に言うとクリアジェルとは【透明なジェル】の総称。

場合によっては【ベースジェル】や【トップジェル】を便宜上クリアジェルと呼ぶことも。しかしネイルサロンではそれぞれの用途に応じたジェルネイルを使い分けています。

一方ミキシングジェルとは色が入っていないジェルの事です。本当の意味でのクリアジェルです。

実はネイルサロンではミキシングジェルは結構使います。例えば

・カラージェルと混ぜて別の色を作る

・グラデーションネイルの時の仕込みとして

・ピーコックやマーブルネイルの際に滑りをよくするために塗る。

私のサロンでは【グラデーションネイルの仕込み】にクリアジェルをよく使います。

濃い色やパステル系の色はグラデーションがつきにくいのであらかじめクリアジェルで色を薄くしてからグラデーションします。

この場合ベースやトップジェルとかクリアジェルとかで混ぜてもいいんですけどやっぱりミキシングジェルが一番やりやすいです。

理由は【粘度がカラージェルと同じだから】。

クリアジェルって結構粘度が硬いものとか多かったりするしメーカーによっては水みたいにサラサラなものまで多種多様。

ミキシングジェルだったらカラージェルと粘度が同じなので混ぜても使いやすいです。。

もちろんクリアジェル同様ベースやトップとしては使えません。

純粋な意味での【クリアジェル】として使います。

クリアジェルにカラージェルを混ぜると別の色が作れる

クリアジェルの使い方の一つとして【カラージェルと混ぜて別の色を作る】というものがあります。

透け感のあまりない濃い色のカラージェルとクリアジェルを混ぜることでクリアジェルの透け感がUP。

クリアジェルの効果で透明感のある色を作ることが出来ます。

さらにパステルカラーにクリアジェルを混ぜるとナチュラルな色合いを作ることが出来ます。

ネイルサロンではこんな風に1つのカラージェルにクリアジェルを混ぜて色々な色を作ります。例えばカラージェルに

  • +クリアジェル→透明感のある色。薄い色。
  • +白→パステルカラー
  • +黒→くすんだ色
  • +白+黒→グレーかかった色
  • +白+黒+クリアジェル→グレーがかったナチュラルな色

さらに白や黒、クリアジェルの割合で色のニュアンスは無限に広がります。

なのでネイルサロンでそろえる色って結構濃い色が多いです。クリアジェルが最初っから混ぜてある色ってなんか買うのもったいない気がする(笑)。

濃い目の色のカラージェルだとクリアジェルを混ぜたり白や黒を混ぜると色々な色が作れますからね。

とはいえ流行りのジェルの色には【どうやって作ったんだろう】という微妙なニュアンスカラーもありますのでつい買っちゃうんですけど(汗)。

カラージェルを片っ端から買うのもいいですけどこんな風に1つの色でクリアジェルを入れていろいろな色合いを楽しむのもお得だと思いますよ。

クリアジェルの種類が多いワケ

なぜこれほどまでにクリアジェルネイルの種類が多いのでしょうか?

理由は【ネイルサロンの用途に合わせてクリアジェルネイルの種類が増えた】からです。

例えば同じクリアジェルのトップジェルといっても使う場面で硬い方がよければいい場合もあれば柔らかい方が良い場合もあります。

ベースジェルでもそうです。さらにクリアジェルの硬さで言えばミキシングジェルを使った方がいい場合もあります。

こんな風にネイルアートや使う場面によって様々な種類のクリアジェルを使い分けているというのがネイルサロンの現実です。

特に最近ではネイルアートの流行と共にクリアジェルの種類も増えました。クリアジェルのボトルタイプやコンテナタイプのほかにチューブタイプのものもあります。

このようにクリアジェルの種類は様々あります。もし【どのクリアジェルを選んだらいいかわからない】という場合は【クリアジェルの硬さ】で選ぶのがわかりやすいです。

クリアジェルにカラージェルを混ぜて色を作る方法

クリアジェルをカラージェルと混ぜると別の色を作ることが出来ます。

透け感のあまりない濃い色のカラージェルとクリアジェルを混ぜることでクリアジェルの透け感がUP。

クリアジェルの効果で透明感のある色を作ることが出来ます。さらにパステルカラーにクリアジェルを混ぜるとナチュラルな色合いを作ることが出来ます。

ネイルサロンではこんな風に1つのカラージェルにクリアジェルを混ぜて色々な色を作ります。例えばカラージェルに以下のような色を混ぜると

+クリアジェル→透明感のある色。薄い色。
+白→パステルカラー
+黒→くすんだ色
+白+黒→グレーかかった色
+白+黒+クリアジェル→グレーがかったナチュラルな色

さらに白や黒、クリアジェルを混ぜると色のニュアンスは無限に広がります。そのためネイルサロンでそろえる色って結構濃い色が多いです。

色同士を混ぜて使う。なのでものすごく透け感のある色を買うのってなんだかもったいない気がします(よく使う色なら買ってもいいと思いますが)。

濃い目の色のカラージェルだとクリアジェルを混ぜたり白や黒を混ぜると色々な色が作れますからね。

とはいえ流行りのジェルの色には【どうやって作ったんだろう?】という微妙なニュアンスカラーもありますのでつい買っちゃうんですけど(汗)。

カラージェルを片っ端から買うのもいいですけどこんな風に1つの色でクリアジェルを入れていろいろな色合いを楽しむのもお得だと思いますよ。
凹凸のあるネイルアートはどんなクリアジェルを使ったらいい?

最近のネイルアートで人気があるのは【凹凸のあるネイルアート】です。
SNSなどを見ると【赤血球ネイル】や【人魚の鱗ネイル】などが人気です。

少し前までは平面的なネイルが一般的でしたがネイルも3D世界に。とはいえアクリルのような完璧な造形ではなくあいまいな形が人気のようです。

そんな凹凸のあるネイルアートをする際に役立つのが【硬めクリアジェル】です。
これは人によって違うのですが多くの場合

1.硬めのクリアジェル(スカルプティングジェルなど)を使う場合と
2.硬めのトップジェル(ハードジェルなど)を使う場合

の2パターンがあります。

両者の違いは【最後にトップジェルでコーティングするかどうか】です。1のジェルネイルの場合最後にトップジェルでコーティングする必要があります。

トップジェルが1度で済むという時短のメリットがある一方でせっかく際立った凹凸を作ってもトップジェルでコーティングすることでネイルアートがぼやけてしまうというデメリットがあります。

この場合最後にボトルタイプのような柔らかめのトップジェルを薄く仕上げるという解決方法があります。

2の場合ですと一度爪の上にトップジェルを塗って硬化した後に凹凸のあるネイルアートをしていきます。

この場合凹凸のあるネイルアートをトップジェルで仕上げることで最後にトップジェルでコーティングが不要となります。特に人魚の鱗ネイルのように凹凸を際立たせたい場合にはこのようなやり方が多く採用されています。

このように凹凸のあるネイルアートの場合粘度が高く硬めのジェルネイルを使うとうまくいきます。


逆に流れやすい柔らかめクリアジェルを使うとネイルアートがすぐに崩れてしまいます。ネイルサロンの場合粘度の違うクリアジェルを用意しておくと便利です。

ネイルサロンではクリアジェルを細かく使い分けている

ネイルサロンではクリアジェルを細かく使い分けているのが一般的です。

地爪に直接塗るベースジェルや仕上げに使うトップジェルはもちろん、ネイルサロンではネイルアートにもクリアジェルを使うことがあります。

クリアジェルを使うことで

  • 細い線が描ける
  • マーブルネイルの際に一層塗るだけで奥行きのあるアートが出来る
  • カラージェルと混ぜることできれいなグラデーションが出来る

といったことが出来るようになります。ネイルサロンでも同じ透明ジェル(クリアジェル)でも使い分けは様々。

なんか難しそうだなぁ・・・と思ったかもしれません。最初からこんなに細かく使い分ける必要はないです。

以下では最低限抑えておきたいクリアジェル選び方についてご紹介していきます。

とりあえずベース&トップをそろえればジェルは出来る

とりあえずジェルネイルを始めようと思ったら何から始めたらいいでしょうか?ジェルネイルをするなら必要最低限必要になるのは以下のアイテムです。

ベースジェル(ソフトジェルでOK)

トップジェル(ソフトジェルでOK)

この二つがあれば大体ジェルネイルは出来ます。逆にこの2つのうちどちらかが欠けてもジェルネイルはうまくいかないです。

じゃあ、クリアジェルはどうするの?と思うかもしれません。クリアジェルは別途買ってもいいですがネイルアートでしたらこの2つで大体代用できることが多いです。例えばこんな感じ。

カラージェルと混ぜる場合・・・カラージェルと粘度の近いジェルネイルを混ぜる

ストーンを付ける場合・・・トップジェルを(固めのジェルのほうが流れにくい)糊代わりに使う

凹凸のあるネイルアートをする場合・・・硬いトップジェルを使う


というようにベースジェルかトップジェルで代用します。また費用を節約したいならベース・トップが兼用できる2wayジェルを使うという方法もアリです。

最初はいろいろ購入しなければならないので兼用タイプで代用すると初期費用が安く抑えられます。

ストーンをくっつけるときはどんなクリアジェルを使うべき?

ネイルサロンではクリアジェルを細かく使い分けているのが一般的です。

地爪に直接塗るベースジェルや仕上げに使うトップジェルはもちろん、ネイルサロンではネイルアートにもクリアジェルを使うことがあります。

クリアジェルを使うことで

  • 細い線が描ける
  • マーブルネイルの際に一層塗るだけで奥行きのあるアートが出来る
  • カラージェルと混ぜることできれいなグラデーションが出来る

といったことが出来るようになります。ネイルサロンでも同じ透明ジェル(クリアジェル)でも使い分けは様々。

なんか難しそうだなぁ・・・と思ったかもしれません。最初からこんなに細かく使い分ける必要はないです。

以下では最低限抑えておきたいクリアジェル選び方についてご紹介していきます。

とりあえずベース&トップをそろえればジェルは出来る

とりあえずジェルネイルを始めようと思ったら何から始めたらいいでしょうか?ジェルネイルをするなら必要最低限必要になるのは以下のアイテムです。

ベースジェル(ソフトジェルでOK)

トップジェル(ソフトジェルでOK)

この二つがあれば大体ジェルネイルは出来ます。逆にこの2つのうちどちらかが欠けてもジェルネイルはうまくいかないです。

じゃあ、クリアジェルはどうするの?と思うかもしれません。クリアジェルは別途買ってもいいですがネイルアートでしたらこの2つで大体代用できることが多いです。例えばこんな感じ。

カラージェルと混ぜる場合・・・カラージェルと粘度の近いジェルネイルを混ぜる

ストーンを付ける場合・・・トップジェルを(固めのジェルのほうが流れにくい)糊代わりに使う

凹凸のあるネイルアートをする場合・・・硬いトップジェルを使う


というようにベースジェルかトップジェルで代用します。また費用を節約したいならベース・トップが兼用できる2wayジェルを使うという方法もアリです。

最初はいろいろ購入しなければならないので兼用タイプで代用すると初期費用が安く抑えられます。

ツヤっと仕上げたいなら柔らかいクリアジェルネイルを

ネイルサロンではクリアジェルの硬さによって使い分けをしています。ツヤっと仕上げたいならセルフレベリングしやすい柔らかいのベース&トップジェルネイルを。

逆に固めのジェルネイルは凹凸のあるアートなどに適しています。

これはジェルネイルのセルフレベリングを利用するためです。セルフレベリングとはジェルを塗ってから10秒ほどするとジェルが勝手に平らになってくれることです。多少表面が凹凸していても少し経つとツヤっとキレイに仕上がります。

ただしこの便利なセルフレベリングですが硬めのジェルだとなかなか難しいです。

そのためツヤっと仕上げたいベースやトップジェルは柔らかめでセルフレベリングしやすいジェルを使うことが多いです。

逆に固めのジェルは凹凸したネイルアートに使うことが多いです。
さらにストーンを置いて仮硬化する際にも固めのジェルのほうが流れにくいというメリットも。

このように状況に応じて使い分けるとツヤっとキレイなジェルネイルに仕上げることが出来ます。

クリアジェルとカラージェルを混ぜるときの注意点とは?

クリアジェルとカラージェルを混ぜるときの注意点ってあるんでしょうか?

私がサロンでやっているときの注意点は以下の通りです。

  • クリアジェルを混ぜたジェルはそのまま放置しない。

クリアジェルを混ぜたジェルを放置しておくのはあまりよくないです。

光に当たれば多少固まりますしゴミも入ります。

もし大量にクリアジェルを混ぜてしまった場合は専用の密閉容器(コンテナ)に入れ早め暗所で保存しておきます。

  • 最初は少量のクリアジェルで試してみる

一度に大量のカラージェルとクリアジェルを混ぜると色の調整が難しくなります。

気づくと大量のクリアジェルを消費することに(涙)。

私の場合最初はつまようじの先ぐらいの量で色を調合します。(この時にカラージェルとクリアジェルの割合を覚えておくことが大切)。

そのあと10本の爪よりもちょっと多めの量の色のカラージェルとクリアジェルを混ぜます。

こうするとクリアジェルを無駄遣いしなくて済みます。

  • 基本は同じメーカーのジェルネイルでそろえる

クリアジェルとカラージェルは同じブランドでそろえるのが基本です。

ブランドごとに硬化時間やライトの波長が違うので混ぜちゃうとしっかり固まらなかったりする可能性があるからです。これはクリアジェルでも同じ。

私の場合はカラージェルと混ぜるクリアジェルは同じブランドでそろえています。とはいえ実際ネイルサロンでは同じブランドでそろえてない場合も多いんじゃないかと思います。

ネイルサロンの場合はネイリストがブランドごとの相性を自分の爪で実験してみてから使ってますからその点は大丈夫。相性の悪いブランドもあれば相性のいいブランドもあるからです。

クリアジェルは浮きやすい?

クリアジェルってほかのジェルに比べて浮きやすいでしょうか?

結論から言うと【特別浮きやすい】ということはないです。浮きやすいケースとしてよく言われているのがは【ラメグラデーション】や【フレンチ】などクリアジェルを塗ってある爪根元の部分。

実はクリアジェルに限らず爪の根元は特にジェルが浮きやすい部分。

原因は【爪にくっついているルースキューティクル】。簡単に言うと爪の薄皮のことです。

ネイルサロンではこの薄皮をキレイにするのですがこれが難しい!

私のサロンではプレパレーションといってクリアジェルを塗る前の爪の準備に30分以上かけて丁寧に行います。ここまでお手入れしないとクリアジェルが浮きやすくなってしまうんです。

また甘皮周りにクリアジェルがついてしまっているケースも剥がれの原因に。

ライトに入れて硬化する前には

  • 甘皮周りにクリアジェルがついていないか?
  • 指周りにクリアジェルがついていないか?

をしっかりチェックする必要があります。

逆にしっかりお手入れをすればクリアジェルもがっちり爪にくっついてくれるので浮きやすいということはないです。

ネイルサロンでも簡単に甘皮ケアが出来る器具がどんどん発売されてきていてるので一度ネイルサロンでやってもらってみてはいかがでしょうか?

クリアジェルの落とし方は?

クリアジェルの落とし方ってあるんでしょうか?

結論から言えばクリアジェルは除光液では落ちません。なぜならクリアジェルもジェルの一種なので除光液で落とすことはできないからです。

ネイルサロンではジェルネイル専用のオフ剤を使って落としていきます、。

クリアジェルの落とし方はジェルネイルと同じ。落とし方をざっくり説明すると

  1. 最初に表面をファイルで削ります。
  2. 小さめのコットンにジェルオフ剤を付け爪の上に載せます。
  3. 指先全体をアルミでしっかり覆い10分程度待ちます。
  4. クリアジェルが柔らかくなったらウッドスティックなどで優しく取り除きます。

という感じです。今ではクリアジェルの落とし方はネットで沢山見ることが出来ますので参考にしていただければと思います。

クリアジェルの落とし方で際に注意することとは【ジェルは無理やりはがさない】という事です。

注意したいのがクリアジェルが思ったよりも柔らかくなっていない場合の落とし方。この場合無理やりはがすと爪まで薄ってしまいます。

クリアジェルが柔らかくなっていない場合の落とし方で大切なのが【再度アルミ】をまくこと。5分ほど待って様子を見ながらちょっとずつはがしてきます。

特に最近のトップコートはジェルオフ剤でも柔らかくならない【ハードタイプ】が多いです。

ネイルサロンでもトップコート部分のクリアジェルは完全にマシンで削ります。

さらにカラージェルの部分もかなりの部分を削ります。(クリアジェルと一緒に爪を削ってしまわないよう細心の注意を払います)。

逆にこれぐらい削らないと短時間でキレイにクリアジェルを落とすことが出来ないからです。

そのぐらい今のジェルネイルは落ちにくくなっています。

クリアジェル拭き取りの際の注意点とは?

クリアジェル拭き取りの際の注意点ってあるんでしょうか?

ネイルサロンでクリアジェル拭き取りするのは一番最後です。

トップコートクリアジェルを塗って完全に硬化した後に行います。

なぜクリアジェルの拭き取りが必要かといえば【表面に未硬化ジェルが残っているから】です。

そのままだと未硬化クリアジェルが残っていてべたべたするし曇ってしまいます。

そのためクリアジェルの拭き取りが必要になってきます。

クリアジェルの拭き取りで使うのが

コットン

エタノール

この2つです。間違っても除光液とかで拭かないように(笑)。

除光液だとせっかくのクリアジェルが剥がれてしまう事も。

必ずエタノールを使います。ちなみに専用の拭き取り溶剤とかも売ってますがネイルサロンでは消毒用エタノールを使ってます。

やり方は簡単。

コットンにエタノールを多めにしみこまぜ爪表面をふき取ります。

ふき取った後クリアジェルがツヤツヤしていれば成功です。

もし表面のべたつきがなくなっているのにツヤツヤしていない場合は再度トップコートを塗ってライトで硬化。クリアジェルの輝きが復活します。

クリアジェルの表面がベタベタするワケとは?

クリアジェルの表面がベタベタするのはなぜでしょうか?

クリアジェルに限らずほとんどのジェルネイルはライトに入れて硬化した後でも表面がベタベタしています。

このベタベタ、ネイル用語で【未硬化ジェル】と呼んでいます。

未硬化とはつまりライトに入れても固まっていないジェルのこと。

クリアジェルでも普通のジェルでも未硬化ジェルは発生します。

なぜベタベタするのかといえばこれはジェルメーカーがそういう設計にしているためです。

わざとベタベタさせている。そういうワケです。理由の1つとしてあるのが

【クリアジェルの硬化熱を防ぐため】。

完全にクリアジェルが硬化してしまうと硬化熱が発生し【アツ!痛!】と熱さや痛みを感じることがあります。

この状態を防ぐためにクリアジェルが硬化しても未硬化の部分を残しています。

もう一つの理由は【次に塗るジェルとのくっつきをよくするため】です。

クリアジェルを塗った後にカラージェルを塗りますがこの際にベタベタしている方が接着がよくなります。

そのためクリアジェルにあえて未硬化を残しています。

ちなみにクリアジェルのベタベタがどうしても嫌という場合はノンワイプのクリアジェルを使うという方法があります。

ノンワイプとは【未硬化が出ない】タイプのクリアジェルのこと。

多くはトップコートで使われています。

ただしこの場合先ほども話したようにクリアジェルの硬化熱が半端ないのでライトに入れているうちに【熱い!】となってしまう事も。

出来るだけ厚塗りしすぎないのがお勧めです。

ネイルサロンでもノンワイプのクリアジェルを使っているお店もありますけど私は使ってません。

お客さんに熱い思いをさせるのは嫌ですからね・・・ネイルアートのサンプルを作るときなんかにノンワイプのクリアジェルは重宝します。

グラデーションネイルをキレイに仕上げるコツはクリアジェルの量

ネイルサロンで人気のグラデ―ションネイル。

グラデーションネイルとは爪の根元からで爪先に向かって色が濃くなるのデザインです。

クリアジェルの透明効果で爪が伸びても根元がわかりにくいのもウレシイ。

そんなクリアジェルを使ったグラデーションネイルはネイルサロンでも人気のアートの一つです。

実はこのグラデーションネイル。
ネイルアートの中でも難易度のそこそこ高いアートの一つ。

ジェルネイル検定でも中級程度です。


なぜなら色をキレイにぼかすという技術が難しい!私も何度失敗したことか・・・

しかしあるコツを知っていればグラデーションネイルをキレイに仕上げることが出来るんです。

それがクリアジェルの量を多めにする

という事。

おそらくグラデーションネイルではあなたが思っている以上に沢山クリアジェルを使います。

グラデーションネイルのやり方はほかのサイトに山ほど出ているので大切なところだけご紹介します。


1.ジェルとクリアジェルを混ぜるときにクリアジェルを多めに混ぜる。

2.パステルカラーや濃い色の場合にはクリアジェルをさらに増やして混ぜる。

3.クリアジェルの固さはジェルネイルと同じものを使う。

まず1のクリアジェルの多めにするというコツですが具体的にはクリアジェルの割合は
ジェル:クリアジェル=1:2~4

ぐらいです。


これは色によって違ってきますがラメや色の薄いジェルの場合はクリアジェルも少なくても大丈夫。

元々色がうすいのでクリアジェルが少なくてもグラデーションを作りやすいからです。


特に気を付けたいのが

  • パステルカラー系
  • ボルドー

などの色。

色が濃い場合はグラデーションがうまく出ないのでクリアジェルを多めに入れて塗っていきます。

結局パステルカラーとかだとクリアジェルを入れすぎて本来の色よりもかなり薄くなっちゃう。

その場合はクリアジェルの割合を少なくし爪先端部分にのみ塗るという方法もお勧めです。

さらに3つ目の粘度の話。

クリアジェルといってもサラサラの水みたいなやつとか無茶苦茶固いものとか色々あります。

あまりにもジェルと粘度が違うクリアジェル使ってしまうとキレイにグラデーションが出来ませんので同じような硬さのクリアジェルを使うようにします。

ちなみに私はサロンではミキシングジェルをクリアジェルとして使っています。

以上クリアジェルを使ったグラデーションネイルのコツをご紹介しました。

クリアジェルを上手に使うとネイルアートもキレイに仕上がりますので是非やってみてくださいね。

ボトルタイプとコンテナタイプ。クリアジェルを買うならどのタイプ?

最初にクリアジェルネイルをそろえる場合、ボトルタイプとコンテナタイプどちらを買ったらいいのでしょうか?

ネイルサロンの場合であればジェルネイルは【爪のタイプに合わせる】という方法があります。

しかしこれってかなりのネイル上級者じゃないと難しいですよね。ここではジェルネイル初心者におススメのクリアジェルネイル選び方についてご紹介します。

まずボトルタイプのジェルネイルとコンテナタイプのジェルネイルは粘度が多少違うのがポイントです。

結論から言えば
ボトルタイプのジェルネイル・・・柔らかめ(水っぽいものもある)。流れやすい。
コンテナタイプのジェルネイル・・・柔らかめ~硬め。筆を使う必要がある。

基本的にボトルタイプはその形状からジェルネイルはかなり柔らかめです。マニキュアほどではないですけど固形というよりも液体。なので厚く塗るとあっという間にサイドにジェルネイルが流れてしまいます。

とはいえボトルタイプはマニキュアに形状が似ているため塗りやすいというメリットがあります。ジェルネイルにまだ慣れていないうちはボトルタイプがお勧めです。

私の場合もフットジェルネイルをする際などボトルタイプのベースコートやトップコートはものすごく重宝します。

逆にコンテナタイプのジェルネイルはテクスチャーが幅広いです。柔らかいものから硬めのものまで様々です。

なのでネイルサロンを開業したり、ネイルアートを幅広くやりたい、というのであればコンテナタイプのクリアジェルネイルがお勧めです。

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴