ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

フットネイルをセルフするには?キレイに仕上がるフットネイルのコツをプロのネイリストがご紹介します。

フットネイルって何でしょうか?フットネイルとは足と足爪のお手入れや足爪に色を塗ること。ネイルサロンではフットネイルのことをペディキュアと呼ぶこともあります。

フットネイルをすることで足爪だけではなく足全体の印象もぐっとアップします。

現在では若い女性だけではなく幅広い年齢層の女性に人気のフットネイル。セルフでやることも出来ますしネイルサロンで受けることも出来ます。

もちろんセルフでお手入れするだけでも足元の印象はぐっとアップします。

また仕事の関係でネイルが出来ない女性もフットネイルだったら大丈夫。

上司に気兼ねすることなくネイルアートを楽しめると人気です。そんなフットネイルをセルフでキレイに仕上げるためのコツをご紹介しています。

セルフでするフットネイルに関する疑問にお答えします

フットネイルケアをセルフでやる際のコツとは?

フットネイルケアをセルフでやるときのコツってあるんでしょうか?

フットネイルケアの基本は以下の3つです。

1.フットネイルの長さ形を整える

2.フットネイルの爪上についた角質をキレイにする

3.フットネイルに色を塗ったりして爪にツヤを出す

ネイルサロンではフットネイルのお手入れをする際にこの3つは必ず取り入れています。

セルフでフットネイルをする際にキレイにみえるコツは【目立つところ】をキレイにするという事。ネイルサロンでフットネイルケアをする際は細かいところまでキレイにしますがセルフでやるとなると難しいです。

そこで一番目立つ部分をフットネイルケアすることで簡単にキレイに見えます。では具体的にどの部分をネイルケアしたらいいでしょうか?

それが

  • 足爪の形を整える
  • フットネイルをビビットな色に塗る

この2つです。フットネイルケアの場合爪の形は爪の輪郭とも言えますので非常に目立ちます。またフットネイルの色も目立つ部分。

ナチュラルな色よりもビビッドな赤やピンクの色を塗った方が足全体の血色がよくキレイに見えます。このようにフットネイルをセルフでやる際は【目立つ部分】に注目して集中的に行うことでセルフでもキレイな足に仕上がります。

 

フットネイルをセルフでやる際の簡単なやり方

フットネイルをセルフでやる場合の簡単なやり方ってあるんでしょうか?

まずネイルサロンでは以下のようなやり方でフットネイルをします。

1.足をお湯につけます

2.足爪の形をやすりで整えます(フットネイルの形はスクエアオフにします)

3.足爪周りの角質をキレイにします。

4.フットネイルをします。

フットネイルはこんな感じで仕上げます。したがってセルフでやる場合もこの手順にしたがってケアするのがお勧めです。

コツは【フットネイルをセルフでする前に必ず足をお湯につける】という事。

ネイルサロンでは10分ほど足をお湯につけてもらいます。こうすることで足の角質が柔らかくなりお手入れしやすくなるからです。

セルフの場合も是非取り入れていただきたいです。フットネイルでマニキュアをする場合、ネイルサロンでの所要時間は約1時間半~2時間程度。

セルフの場合もある程度かかりますので時間を確保しながらフットケアをしていただくとキレイに仕上がります。

フットネイルをセルフでやるとうまくいかない理由

フットネイルをセルフでやってもうまくいかない、とよく聞きます。

理由はいくつかありますのでご紹介します。

今回ご紹介するのが【フットネイルをしてもサロンのような仕上がりにならない】というケース。

確かにネイルサロンをイメージするとセルフでフットネイルをやってもうまくいかない、と感じてしまうかもしれません。

ネイルサロンとセルフのフットネイルの一番の違い、それは【フットネイルケア】です。

ネイルサロンではしつこいぐらいにフットネイルケアを行います。私のネイルサロンでも2時間の施術時間のうち、1時間はフットネイルケアに時間を当てています。セルフの場合もそれぐらい丁寧にフットネイルケアをすることでキレイに仕上がります。

というのも足は指に比べて非常に角質が多くついているからです。そのためネイルをしても汚らしく見えてしまいます。

特に爪上の角質はすべてキレイにします。こうすることで甘皮周りのがたつきがなくなりセルフでもきれいなネイルに仕上がります。

セルフで落ちにくいフットネイルに仕上げる方法

セルフで落ちにくいフットネイルに仕上げる方法ってあるんでしょうか?

今回はマニキュアを使ったフットネイルをする際の落ちにくくなるコツをご紹介します。

ネイルサロンでやっている方法に【爪上の油分をしっかり取る】という方法があります。

フットネイルをする際に足爪の上に油分が残っているとマニキュアをはじいてしまいあっという間に落ちてしまうからです。

セルフでフットネイルをする際はフットクリームやオイルの使用は控えます。

さらにネイルサロンではプレプライマーを必ずマニキュアの前に爪に塗ります。

プレプライマーを塗ることで爪の油分をキレイにすることが出来ます。プレプライマーがないときにはアセトン入りの除光液(ただし潤い成分などが入っていない物。安い除光液だと潤い成分が入っていないことが多いです)で爪の上をキレイにします。

爪上の油分をしっかり取ることで爪とマニキュアがしっかりくっつくので長持ちするフットネイルを楽しむことができます。

フットネイルをセルフでやる場合のおすすめのマニキュア ってある?

フットネイルをセルフでやる場合のおすすめのマニキュアってあるんでしょうか?

まずフットネイルをやる場合のお勧めのマニキュアの色についてですが私のネイルサロンでは

ボルドー・赤

パッションピンク

などのとにかく【濃い目の色】をおすすめしています。

ボルドーやパッションピンクなどの色は派手なイメージがありますがフットネイルの場合は別。指とは違い視線が遠く離れてしますので目立つ色ぐらいでちょうどいいからです。

さらにフットネイルの場合ボルドーなどの濃い色を使うことで色の効果で足の甲がキレイに見えます。

セルフでやる場合には美肌効果を引き出してくれるマニキュアを選ぶことがお勧めです。

ちなみに私のネイルサロンで人気の色が以下の通り。

·        ボルドー・赤

·        ピンク(パッションピンクや濃い目のピンク)

·        パープル(やさしい藤色も人気です)

·        ダークブルー

このような色を塗る際に気を付けたいことが【しっかりフットネイルケアをする】ということです。

足は指先に比べて角質がたまりやすくそのまま濃い色を塗ってしまうとケバイ印象になってしまうからです。具体的には

·        足爪の形をやすりを使って整える

·        足爪についた角質をキレイにする

·        足の甲をスクラブでキレイにして透明感をUPする

以上のようなフットネイルケアをすることでセルフでもきれいな足元を楽しめます。もちろんネイルサロンでも受けることが出来ます。

 

セルフでフットネイルする場合必要なものとは?

セルフでフットネイルをする場合必要な物ってあるんでしょうか?

ネイルサロンで実際に使っている器具を中心に最低限必要なフットネイルの器具をご紹介します。フットネイルをで必要なものは以下の通り。

  •   エメリーボード(爪やすり。フットネイルをする場合足の爪は分厚いので150グリッドぐらいでもOKです)
  • 爪切り(巻き爪の部分や引っかかる部分を少しだけ切ります。爪の両角を落としすぎると強度不足になったり巻き爪になって痛いので注意)
  •  角質軟化剤(ネイルサロンでは角質を柔らかくするクリームを使います。セルフでフットネイルをする場合はお湯に足を10分ほどつけると柔らかくなります)
  • メタルプッシャー(爪上についた角質を落とすもの。フットネイルをセルフでやる場合はウェットティッシュを重ねて親指に巻き付け甘皮周りを優しくこするとキレイになります)
  • スポンジバッファー(ネイルサロンでは足の爪が凹凸している場合に使います。やり過ぎると足爪がうすくなるので220グリッドぐらいのものがセルフではベスト。)
  • マニキュア類(フットネイルでもマニキュアはベースコート・マニキュア・トップコートで仕上げます)
  • ウッドスティック(マニキュアはみ出した部分をぬぐうのに使います。楊枝でも代用OK
  • フットパドル(かかとの角質をキレイにする場合に使います。)

以上になります。こう見ると結構フットネイル必要なものって多いですよね。

フットネイルをする場合はいきなりプロ用をそろえるのではなく100円ショップなどのものを使ってみて試してみるのがおススメです。

 

セルフでフットネイルをする期間ってどれぐらい?

セルフでフットネイルをする期間ってどれぐらいでしょうか?

フットネイルの塗り替え期間はネイルサロンでは【約1か月】が目安です。

マニキュアの場合は1か月。ジェルフットネイルの場合ははがれにくいので1か月半~2か月です。私のネイルサロンのお客さんもその期間に合わせてフットネイルを塗り替えしています。

セルフでフットネイルをする場合も同じで

1か月~1か月半

の期間を目安に付け替えするといいと思います。特にフットネイルの場合、長期間にわたってそのままにしておくと足爪が伸びてしまい靴がきつくなってしまうという事がよくあります。

サンダルならまだいいのですがフットネイルが伸びたまま靴を履くことで爪先が圧迫されてしまい痛い思いをする事も。

ちなみにセルフでフットネイルをする際の爪の長さは【上から見て指が隠れるぐらい】がキホンです。

長すぎても不便ですが爪を短く切り過ぎると巻き爪になってしまったりするのでセルフでやるときも足爪は切り過ぎないようにします。

またセルフでフットネイルをする際に気を付けたいのが【巻き爪】です。マニキュアならまだいいのですがフットネイルでジェルネイルをするとために巻き爪がひどくなってしまい痛みが出る場合もあります。

痛みが出た場合はフットネイルを落すのがおススメです。

セルフでフットネイルのオフって出来るの?

セルフでフットネイルのオフって出来るんでしょうか?

結論から言えば出来ます。マニキュアのフットネイルの場合でしたら除光液で自分で落とすことが出来ますよね。

ジェルネイルのフットネイルの場合はどうでしょうか?実はセルフで出来ないことはないのですが工程が沢山あるので最初はネイルサロンでフットネイルを落としてもらうのがお勧めです。

フットネイルのジェルオフをする際はジェルネイルの表面を削る必要があります。

これが結構難しくて最近のジェルネイルはカラー部分まで削らないと上手に落ちてくれません

そのあと専用のジェルオフリムーバーをコットンにしみこませ爪の上に置きます。

さらにその指先をアルミホイルでくるみます。

そのまま10分ほど待機。やっとここでジェルネイルが柔らかくなってきます。

フットネイルだと両手が使えますがそれでも結構時間のかかる作業です。

ネイルサロンでしたらネイルマシンを使いますがそれでも30分はかかります。

セルフでやったらどれだけ時間がかかるか・・・考えただけでも気が遠くなりそうです。

結局キレイに落とすことが出来ずネイルサロンに駆け込む・・・ということも良くあります

キレイなフットネイルをキープするためにも出来たら最初はネイルサロンでオフしていただくのがおすすめです。

セルフでフットネイルのオフが楽に出来るジェルネイルがある

セルフでフットネイルのオフが簡単に出来る方法ってあるんでしょうか?

ジェルの場合オフする際には爪表面を削らなければならず大量のダストが出たりフットネイルに時間がかかってしまいます。

しかしフットネイルジェルオフが簡単に出来るジェルネイルがあります。

それが【ハイブリッド型ジェルネイル】です。

CNDOPIから発売されているジェルネイルがそうです。

こちらはマニキュアの特性を生かしたジェルネイルでマニキュアのような薄付きが特徴です。

爪を削らずジェルが塗れるので爪を痛めることはありません。しかし持ち自体は短く通常1か月程度で付け替えしますがこちらのジェルは2週間で付け替えします。

しかしフットネイルの場合、通常のマニキュアでも数週間キレイに持つことを考えるとハイブリッドジェルもフットネイルの場合は持ちが長いと言えます。

またフットネイルのジェルをオフする際も表面削りがいらずダストが出ないのでセルフでやる場合もお部屋が汚れるということがなく簡単です。

今ではセルフでもこのように爪表面を削らず落とすことが出来るジェルネイルが発売されています。

特にフットネイルの場合には手に比べてネイルの持ちが比較的長いのでハイブリッドジェルでも長く楽しむことが出来ます。

 

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴

書籍紹介(Amazonにて発売中)

プロネイリストが教える!ツルっとキレイに仕上がるクリアジェル塗り方3つのコツ

サイドメニュー

記事リンク