ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ジェルネイルでクリアジェルの代用できるもの・NGなものまとめ

ジェルネイルクリアジェル

ジェルネイルの種類っていっぱいあってわからない・・・

ということありませんか?

今回はクリアジェルの代用にできるものについてご紹介します。

クリアジェルの代用にできるものってある?

ベースジェルを使えばほぼ間違いない

クリアジェルの代用にできるジェルネイルってあるんでしょうか?

ものすごく

ものすごーく大雑把に言えば・・・

ベースジェルを使えば大体は失敗しない

です。

ベースジェルとは「爪に直接塗ることのできるジェルネイル」の事。

たいてい「ベースジェル」と書いてあります。

ベースジェルはトップジェルと違って粘度が固いものが多く流れにくいです。

そのため色を混ぜたりすることの多いクリアジェルの代用として使うことも少なくないです。

クリアジェルの代用NGなジェルは?

たいていのベースジェルはクリアジェルの代用として使いますが特殊なベースジェルはお勧めしません。

具体的には

2週間タイプのジェルネイル

です。

具体的に言うと

ジェルカラーバイOPI

の様なタイプです。

OPIはOPIのベースとして作られていますので汎用性があまりないからです。

筆者の経験上、「ボトルタイプ」はクリアジェル代用には不向きなことが多いです。

次に代用できるベースジェルの選び方についてご紹介します。

クリアジェルの代用にできるジェルネイルの選び方

粘度が固いジェルの方がクリアジェルとして代用しやすい

いくらベースジェルがクリアジェルの代用として使えるからといってもなんでもいい!というわけではありません。

ジェルメーカーによっては使えないものもあるからです。

筆者も色々試してみましたが、ベースジェルを代用として使うのであれば

粘度が固いベースジェルを選ぶ

というのがお勧めです。

具体的には「ジャータイプ」「コンテナタイプ」といってケースに入っているベースジェルの方が粘度が高い傾向にあります。

逆に筆タイプ(マニキュアタイプ)の場合はサラサラタイプが多いです。

クリアジェルの代用というとたいてい

何かと混ぜて使う

といううことが多いのでサラサラタイプだと非常に塗りづらくなってしまいます。

粘度で選ぶことで代用として使いやすいネイルに仕上がります。

ちなみにクリアジェルについて詳しく知りたい方はこちらにまとめていますのでよければご覧ください↓

クリアジェルって何?プロ級ネイルに仕上げるコツまとめ

そもそもクリアジェルとは「透明なジェルネイルの総称」

ちなみにクリアジェルとは一言で言えば「透明ジェルネイルの総称」です。

なので透明なジェルネイルであればたいていクリアジェルと呼ばれます。

とはいえ用途別には細かく名前や使い方が決まっていますので簡単にご紹介しておきます。

  • ベースジェル・・・爪に直接塗ることのできるジェルネイル
  • トップジェル・・・仕上げ用ジェルネイル
  • ミキシングジェル・・・カラージェルと混ぜて使うことが多いジェルネイル
  • ビルダージェル・・・ジェルの厚みを出したり凹凸をなくす場合に使う
  • スカルプティングジェル・・・爪の長さだし用ジェルネイル

全部覚える必要はありませんけど

こうやって見るとたくさんありますね・・・では次にジェルネイル本来の使い方についてご紹介します。

ジェルネイルに関する関連動画

クリアジェルについてまとめた動画です。

プロが見ても正直勉強になります。種類や筆について丁寧に解説しています。

どんなジェルネイルを買ったらいいか??迷っている方にもお勧めですので是非ご覧ください↓

カラージェルやラメと混ぜるならミキシングがベスト

クリアジェルの代用として使う場合、ほとんどが

  • カラージェルと混ぜる
  • ラメと混ぜる
  • グラデーションのぼかしとして使う

といったことがほとんどと思います。

この場合、アイテムの選び方は「ミキシングジェル」というジェルネイルを使うのが正解です。

ミキシングジェルとは顔料が入っていないカラージェル。

なのでカラージェルと粘度が一緒。

カラージェルに混ぜて使うにはピッタリです。

もちろん筆者もミキシングジェルを使ってますが、非常に使いやすいです。

もしジェルネイルにこだわるのであれば代用せずにミキシングジェルを使うのがお勧めです。

ちなみにミキシングジェルについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

ミキシングジェルとは?上手な使い方まとめ

クリアジェルを代用するときに気を付けることは?

クリアジェル→ベースジェルは代用できない

一番注意したいのが

〇ベースジェル→クリアジェル

×クリアジェル→ベースジェル

つまり

クリアジェルと呼ばれるジェルをベースジェルの代用として使用することはできない

ということです。

もちろんその逆はOKです。

ベースジェルはいわゆる「土台となるジェルネイル」です。

爪にしっかり密着するベースジェルを使いましょう。

正しまれにベースジェルのことを「クリアジェル」と呼ぶメーカーもあります。

購入する際にはベースジェルとして使えるかどうか確認してから使うようにしましょう。

筆者お勧めクリアジェルネイル

最後に筆者お勧め&人気ジェルネイルをお勧めします。

プレストのクリアジェル

ノンワイプクリアジェル

筆者がネイルサロンでも使っている

Prestoのジェルネイルです。

プロの間でも大人気のPresto。

クリアジェルと明記してありますが実際はベースジェルとして非常に有名です。

流れにくくオフしやすいのも人気の秘密です。

安くて使いやすいMelty Gel

Natural Fieldから発売されているMelty Gel。

こちらは

ベース

トップ 

ミキシング

として使える便利なジェルネイルです。

魅力は何といっても価格。

3グラムで800円、さらに14gで1900円とい驚異のお安さ。

サンプルチップを作ったり、ジェルネイルの練習したいときなど気兼ねなく使えるのが嬉しいですよね。

最後に

今回はジェルネイルをクリアジェルの代用として使う場合の注意点についてご紹介しました。

ジェルネイルを上手に使いこなせば難しいアートも簡単にできるように。

ジェルネイルでネイルアートを楽しんじゃいましょう♪

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

当ネイルサロンがTVドラマで採用されました

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年にオープンしました。