ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ジェルネイル塗る前に除光液塗った方がいい?正しいやり方まとめ

ジェルネイル塗る前除光液

ジェルネイルを塗る前に除光液って爪に塗った方がいい?

正しいやり方や持ちのいいネイルのコツをまとめました!

ジェルネイルを塗る前に除光液使った方がいい?

ジェルネイルを塗る前は除光液はNG

ジェルネイルを塗る前に爪に除光液を塗った方がいいでしょうか?

結論から言えば、

除光液はNG

です。

そもそも除光液はマニキュアを落とすためのもの。

なのでジェルネイルの場合にはジェルネイル専用のアイテムを使うのがお勧めです。

ちなみにジェルネイルってぶっちゃけよくわかんない!どうやるの?

という方はこちらにまとめていますのでもしよければご覧ください↓

ジェルってどうやるの?基本のやり方まとめ

ジェルネイルに関する関連動画

ジェルネイルを塗る前の下準備を紹介した動画です。

ここではジェルクリーナーを使っていますがネイルクレンザーと同じで地爪の洗浄に使うようです。

(ただしこちらの商品はアセトンが入っていますので注意)

自宅でジェルネイルをしたい方は是非ご覧ください↓

除光液の保湿剤によりジェルネイルが剥がれやすくなることも

ではなぜジェルネイルを塗る前に除光液はNGなんでしょうか?

一つは「アセトン以外のものが入っている」からです。

例えば保湿剤。

保湿剤は爪の乾燥を守るために必要ですが、ジェルネイルを塗る前だと邪魔になります。

残念ながらジェルネイルを塗る前の油分除去には適しているとは言えないです。

ちなみに筆者のネイルサロンではマニキュアを塗る前に油分除去したい場合には「プレプライマー」を使うようにしています。

除光液は便利なアイテムですがメリットやデメリットがあります。

いくらマニキュアでも使い過ぎはNG。

爪を痛めないためにもぜひこちらをご覧ください↓

除光液って爪に悪い?リムーバーのメリット&デメリット

ジェルネイルの前に除光液を塗るのは油分除去が目的

ジェルネイルを塗る前は爪の油分除去が大切

そもそもジェルネイルを塗る前に除光液を塗った方がいい?

というのは

ジェルネイルを塗る前の爪の油分除去

が目的です。

爪に油分が残っているとジェルネイルを塗ってもはじいてしまったり、はがれやすくなってしまいます。

爪とジェルネイルがしっかりくっつくために

「爪の油分をしっかり取る」

これが大切になってきます。

爪の油分をしっかり取るとジェルネイルが長持ちするので結果的に爪がボロボロになるのを予防してくれます。

ジェルネイルを塗る前の油分除去は除光液NG

爪の油分を取るなら「ネイルクレンザー」を使う

ジェルネイルを塗る前の爪の油分除去をするのであれば除光液ではなく

ネイルクリーナー(ネイルクレンザー)

を使うのが一般的です。

ネイルクリーナーの多くはエタノールなどが含まれていてジェルネイルを塗る前に爪の油分除去をしたり未硬化ジェルをふき取るために使われます。

Presto ネイルクレンザー TATより

ネイルクレンザーはエタノールが入っていることが多く、除光液同様に爪の油分除去をすると爪が白くなります。

未硬化ジェルの拭き取りにも使えますので便利です。

1本持っておくと便利ですので気になる方はそろえてみてはいかがでしょうか?

ジェルネイルを塗る前に「アセトン」を使うことも

ジェルネイルを塗る前の油分除去としてネイルクレンザーの代わりに

アセトン

を使う場合もあります。

実は筆者のネイルサロンでもジェルネイル塗る前の油分除去にはアセトンを使っています。

しかしアセトンは明らかに爪の油分を奪いますし爪を乾燥させるのも事実です。

筆者もネイルサロンで使う場合には

注意を払いながら少量使っています。

アセトンは油分除去には最適ですが、爪を乾燥させちゃうので気を付けながら使うのが大切です。

アセトンといえばジェルネイルをオフする際にも使います。

ジェルネイルのオフは実は塗るとき以上に爪を痛めやすい施術。

爪を痛めないためにもジェルオフは慎重に行うことが大切です。

ジェルネイルのオフの詳しいやり方については以下にまとめましたので是非ご覧ください↓

自宅でジェルオフする方法まとめ

アセトン使用中は換気を行う

アセトンは揮発しやすいです。

揮発したアセトンを吸い込まないように常に換気をしっかりする必要があります。

危険有害性情報として「引火性の高い液体及び蒸気、眼刺激、生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い、眠気又はめまいのおそれ 引用wikipedia

筆者も一度ネイルスクールで気分が悪くなったことがあります。

しっかり窓を開けるか、換気扇を常に回すなど換気をすることが大切です。

さらに保管する際は

  • しっかり立てて保管する(漏れ防止)
  • 蓋をしっかり閉めておく(揮発防止)
  • 紙など燃えやすいそばには保管しない

ということも大切です。

揮発しやすいため管理はしっかりしておきましょう。

合わせてプレパレーションをしっかりする必要がある

アセトンやネイルクレンザーをジェルネイルを塗る前に使うとジェルネイルの持ちが格段に良くなります。

しかしこれは「プレパレーションがしっかりできている」というのが前提です。

プレパレーションとは「ジェルネイル前の爪上の角質のお手入れ」のこと。

爪の上に角質が残っているとジェルネイルをしてもすぐに剥がれてしまいます。

たとえネイルクレンザーをしても角質が残っていればはがれます。

そのためジェルネイルを塗る前は爪の油分除去のほかにプレパレーションもしっかりしておくことが大切です。

ジェルネイルを塗る前に気を付けたいこと

ハンドクリームなどは使わない

ハンドクリームを使うと爪に油分が残ってしまいジェルネイルをはじいてしまいます。

結果として

ジェルネイルが塗りにくい

ジェルネイルが剥がれやすい

といことになります。

ジェルネイルを塗る前はクリームやオイル類の使用は控えましょう。

筆者のネイルサロンではオイルやクリーム類はジェルネイルが終わってから使うことにしています。

ジェルネイルをすると指先が乾燥しますので是非ケアを一緒にやりましょう。

爪上の角質を残らずキレイにする

筆者の経験上、ジェルネイルが剥がれやすい一番の原因は

爪上に残った角質

です。

実はネイルサロンでも角質をきれいにするためにものすごく気を使いプレパレーションを行っています。

プレパレーションの方法については色々やり方がありますが一番大切なことは「爪の表面を傷つけない」ということ。

詳しくは以下にまとめましたのでもしよければご覧ください↓

ジェルを塗る前の下準備(プレパレーション)やり方まとめ

最後に

今回はジェルネイルを塗る前に除光液って使った方がいい?

についてまとめました。

結論から言えば、除光液ではなく

ネイルクレンザー

を使うのがベストです。

爪上の油分を上手にケアして持ちのいいジェルネイルを楽しんじゃいましょう♪

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。