ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ドロドロのマニキュアを薄め液で復活!上手な使い方と注意点

マニキュア薄め液

ここでは便利なマニキュア薄め液の使い方と注意点についてプロのネイリストがまとめました。

マニキュア薄め液についてまとめました!

マニキュア薄め液とは?

マニキュアで使う【薄め液】って何でしょうか?

薄め液とは名前の通りマニキュアを薄めるものです。

具体的にはビンの中で固まったりドロドロになったマニキュアを元の状態に戻すための液体。

ドラッグストアや化粧品売り場で小さい薄め液でしたら数百円程度で手に入ります。

薄め液はネイルサロンでもよく使います。

ネイリストにはなくてはならないアイテムですしネイルの検定を受ける人なら必ず持っています。

マニキュア薄め液おすすめ3選

マニキュアするときに薄め液が必要な訳とは?

ではなぜマニキュアで薄め液は必要なのでしょうか?

マニキュアは爪に塗ったあと、空気に触れることで揮発成分が揮発し固まります。

そのためマニキュアを使っていくと瓶の中に空気が入り中身がちょっとづつ固まっていきドロドロになってしまいます。

特に以下のような場合にドロドロになってしまいます。

  • 蓋がしっかり閉まっていない時
  • 残りが半分以下になった時

このドロドロを解消するのがマニキュアの薄め液なんです。薄め液はマニキュアの揮発してしまった成分を補いドロドロをサラサラにしてくれます。

ドロドロマニキュアをサラサラにする方法をご紹介しています。

もしよければご覧ください↓

マニキュアがサラサラの方がキレイに仕上がる!

もちろんサラサラのほうがマニキュアがキレイに仕上がります。

マニキュア薄め液は容量がさまざまで小さなもので10mlほどから、多い薄め液だと100mlを超えるものまであります。
ちなみに私がネイルサロンで使っている薄め液は100mlです。

しかし最初は10mlの小さなサイズを購入するのがお勧めです。

そもそも薄め液はそれほど大量に使うものではないからです。

さらにマニキュア薄め液はキャップをしっかり閉めておけば、長期間使うことができるのもウレシイアイテム。

成分自体は揮発成分が入っているので大量に買って家に置いておくよりはミニサイズを少しづつ使うのが安全面からもお勧めです。

薄め液の選び方について知りたい方はこちらをご覧ください↓

マニキュア薄め液おすすめ3選!

マニキュア薄め液の選び方

薄め液の選び方ってあるんでしょうか?

薄め液には、大きく分けて2つの形状があります。

ひとつはノズルから直接マニキュアのビンに注ぐタイプの薄め液。

マニキュアビンの口をめがけて容器を押すようにすると、そのままマニキュア薄め液が入れられます。

このタイプの薄め液は容器自体がやわらかいことが多く使いやすいです。

もう一つの薄め液はスポイトを使って使うタイプです。

付属のスポイトでマニキュア薄め液を取り、ビンの中に注入します。

ちなみに私の持っている薄め液はスポイトタイプです。

100mlの様な大瓶タイプになるとノズルタイプだとこぼれてしまうのでスポイトタイプが多いです。

マニキュアと同じブランドの薄め液を使うのがベスト

どちらも手間がかからないように設計されています。

薄め液の選び方でもう一つ大切なのが【ブランド】です。

OPIの様なプロ用マニキュアであれば薄め液も専用のものが売られています。

出来たら薄め液を使いたいマニキュアと同じブランドのものを使うのがベストです。

同じブランドであれば、マニキュアとの相性も良く安心して使うことができるためです。

ちなみにネイリストの間ではセシェブランドの薄め液がブランドを選ばず使えると大変人気があります。

小さいサイズからあるので気になる方は使ってみてはどうでしょうか?ちなみにこちらの薄め液はスポイト型です。

マニキュア薄め液の上手な使い方

3.マニキュアの瓶は基本振らずに転がすでは薄め液の上手な使い方についてご紹介します。

薄め液は手軽に簡単に使うことができますが量や使い方を間違うと大切なマニキュアをダメにしてしまうこともあります。

ではネイルサロンでやっている薄め液の使い方をご紹介します。

1.薄め液は2滴~3滴で十分

2.入れすぎるとツヤがなくなるので注意

3.マニキュアの瓶は基本振らずに転がす

詳しくはこちら↓

マニキュア薄め液の上手な使い方まとめ

マニキュア薄め液の代用って出来る?

薄め液の代用って出来るんでしょうか?

ネットで検索すると目薬とか化粧水とか色々ありますが正直【専用の薄め液】を使うのが一番いいです。

というのも薄め液自体はマニキュアの成分に合わせて作っているからです。

目薬を使ってもおそらくできないことはないですがマニキュア自体が劣化してしまう可能性も否定できません。

少なくても私自身はやらないです。

マニキュア自体も高価なものになると1本3000円以上するものもあります。

長く楽しむためにもマニキュア用の薄め液を使うことをお勧めします。

実はマニキュア薄め液は使わないのが一番いい

ネイルの観点から言えばマニキュアは薄め液を使わないのが一番いいです。

確かに薄めると塗りやすくはなりますがマニキュア本来の成分とはかけ離れていくからです。

マニキュアは使っていくうちに瓶の中で揮発するのでドロドロしてしまうのがある程度仕方がありません。

なので多少は薄めて使いますがあまりにも少なくなってしまったマニキュアについては【新しいものを使う】という方法がベストです。

私のネイルサロンでも半分以下になった場合は練習用に回し新しいマニキュアをお客様に使います。

さらにマニキュアを使った後瓶の口をしっかり掃除することも大切です。

ティッシュペーパー(コットン厳禁)に少量の除光液を付け、瓶の口についたマニキュアをキレイにします。

さらに私の場合は刷毛にドロドロのマニキュアがついている場合もこちらもキレイにします。

このようにマニキュアは日々劣化するのでお手入れしながら大切につかう、というのが正しい使い方です。


マニキュアをしっかりメンテナンスすると薄め液自体もそれほど必要にはなりません。

メンテナンスが行き届いていると塗るのも手早く出来ますし仕上がりもキレイです。

きれいなマニキュアでおしゃれをもっと楽しんでもらえると嬉しいです。

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

当ネイルサロンがTVドラマで採用されました

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年にオープンしました。