ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

ネイルケアについてネイルサロンのプロネイリストがネイルケアについてまとめました!

ネイルケアやネイルケアを受ける際の注意点について。ネイルケアについてネイルサロンのプロネイリストがお答えします。

こんなお悩みありませんか?

  • ネイルケアってしたほうがいい?
  • ネイルケアって何?いまいちよくわからない、と悩んでいませんか?
  • ネイルとネイルケアってどう違うの?と悩んでいませんか?
  • やすりで爪表面の角質を削ったら、ネイルケアってしなくてもいんじゃない?
  • ネイルケアをわざわざする理由ってあるの?
  • ネイルサロンのネイルケアって自分でやるのと違う?お金を払う意味ってあるの?
  • 年齢ともに爪の老化が気になるけど、ネイルケアをしたらキレイになる?、どうにかしたいと悩んでいませんか?
  • 仕事の関係でネイルはできないけど、ネイルケアだったら大丈夫?
  • ネイルケアを自分でしてみたいけど、たくさんグッズがありすぎてよくわからない。
  • ネイルケアって何日ぐらい持つ?ネイルとの比較は?
  • ネイルサロンを検索してみたけど、メニューの種類が多くまったく分からない。
  • 仕事で爪が伸ばせない・・・短い爪でもネイルケアって意味にあるの?
  • ネイルサロンのネイリストが自分よりも若すぎるし、ギャルだしちょっと怖い。
  • 「ネイルケアで失敗しないためのネイルサロンの選び方ってある?」と感じていませんか?
  • ネイルケアをしてみたいけど、どんなネイルサロンを選んでいいか分からない。


実は多くの方が上のようなお悩みを抱えており、「ネイルケア」が気になっていてもよくわからず、指先をそのまま放置してしまっています。

しかし指先や手は常に外に出ていて紫外線の影響などを受けているため、老化を感じやすく、年齢が出やすい場所。周りの人は思っている以上にアナタの指先を見ています。

そんな視線にある日【ドキッ】としないためにも、日ごろからのネイルケアが大切なんです。

そこで、ここでは「年齢が出やすい指先をキレイに保つ方法」をプロの視点からご紹介します。

ネイルケアの意味とは?

ネイルケアの意味って何でしょうか?ネイルケアの意味はそれほど難しくありません。

ネイルケアの意味を簡単に言うと【爪と爪回りの皮膚のお手入れ】です。

爪上や指先は角質がたまりやすい場所。そのためお顔と同じように爪や指先にはネイルケアが必要なんです。

特に指先は手は「年齢が出やすい部分」
せっかくおしゃれしても指先で損してしまうのは嫌ですよね。

そこで「定期的なネイルケア」することがおすすめなんです。

ネイルケアをすることで、爪や爪回りの角質をキレイにすると爪の見た目もグンと良くなります。

ネイルケアでゴテゴテしたネイルをしなくても若々しく見える「指先素肌美人」に。ネイルケアで指先がキレイになると、それだけで気分もUPします。

ネイルケアって何するもの?

ネイルケアって何するものでしょうか

何するのかいまいちよくわからないとう声をよく聞きます。ネイルケアをものすごく簡単に説明すると【爪と爪回りの皮膚のお手入れ】です。

爪上や指先は角質がたまりやすい場所。そのため定期的なネイルケアがキレイな指先のために大切になってきます。

特に指先は手は「年齢が出やすい部分」せっかくおしゃれしても指先で損してしまうのは嫌ですよね。ではどうしたらいいでしょうか?それが「定期的なネイルケア」なんです。

具体的に何をするかといえばネイルケアでは指先をお湯につけて角質を柔らかくします。

ネイルケアでは【角質を柔らかくする】というのがとても大切です。

指先の角質を柔らかくした後に専用の道具を使って爪上や甘皮周りのお手入れをしていきます。

ネイルケアをすることで、爪や爪回りの角質をキレイにすると爪の見た目もグンと良くなります。

ゴテゴテしたネイルをしなくてもネイルケアで若々しく見える「指先素肌美人」に。指先がキレイになると、それだけで気分もUPします。

ネイルとネイルケアってどう違うの?

ネイルとネイルケアってどう違うの?と疑問に思っていませんか?

ネイルとは簡単に言うと「爪に色を塗ったり、アートをする」ことです。メイクで言うと、アイシャドウや口紅のような存在です。

一方でネイルケアとは「爪やお肌自体をキレイにするお手入れ(ケア)」の事。
いわゆる土台となる爪やお肌をそのものをキレイにお手入れすることです。

実はキレイなネイルに仕上げるには土台となる爪や指先をキレイにする「ネイルケア」が大切です。

ネイルケアをせずにいくらネイルをしてもかえって指先が汚らしく見えてしまうからなんです。

ネイルサロンでもマニキュアやジェルの時は必ずネイルケアをします。ネイルケアをせずにネイルをするというのは逆にないです。

なのでご自宅でもネイルケアをするのがお勧めです。ネイルの前にネイルケア、これだけ指先がぐんとキレイに見えます。

ネイルサロンでネイルケアをする理由とは?

ネイルサロンでネイルケアをする理由ってあるんでしょうか?
ネイルケアをせずにそのまま放置しておくのは見た目が老けて見えるだけではなく、爪や指先トラブルの原因になることもあるんです。

その原因はずばり「角質」です。指先はよく使う場所なのでその分角質が蓄積されやすいからなんです。

ネイルケアではこの角質をキレイに。ネイルケアで指先の角質をキレイにすると、こんなうれしい効果があるんです。

・爪に透明感やツヤが出る。
・爪の形がキレイになる
・ささくれの予防
・指周りがあかるくなる
・ネイルがキレイに映える
・爪が割れにくくなる
・甘皮周りがキレイにみえる

ネイルサロンでも必ずネイルケアをするのはこのような理由があるからなんです。

私のネイルサロンでもネイルケアだけを受けるに来るお客様もいらっしゃるぐらいです。ネイルケアで指先がキレイになるとネイルサロンで喜ばれています。

爪の形でお悩みの方や、年齢とともに爪の見栄えが気になっている方など爪にお悩みを持っている方にはネイルケアは特におすすめです。

ネイルケアってやる意味ある?ネイルケアの必要性とは?

ネイルケアの必要性ってあるんでしょうか?

よく【やすりで爪表面の角質を削ったら、ネイルケアってしなくてもいんじゃない?】というご質問をいただきます。

ネイルケアはそもそも【爪とつけ周りの角質ケア】ですので爪上についた角質をやすりやバッファーで削ればネイルケアは必要ないということです。

このように爪上の角質をやすりなどで削る、という方法はネイルケアではなく「ドライケア」と呼ばれています。

ネイルサロンでもやることはありますが厳密に言えばこれはジェルネイルの下準備で使われる方法でネイルケアではありません。

ドライケアをすることで確かに爪の上の角質は削られ、なくなります。いつものマニキュアも塗りやすくなるかもしれません。

しかしネイルケアで爪回りや手のお手入れをしなければ、指先がくすんだままの状態です。

特にドライケアばかりをしていると甘皮周りに白い垢がたまることがあります。ネイルケアではこのような垢までキレイにすることが出来ます。

良く「爪はキレイだけど、指が汚い」と言う場合、ネイルやドライケアばかりをしていて、肝心のネイルケアをしていないケースがとても多いです。

さらに爪の上についた角質だけをやすりで削る、というのは正直難しいです。
ジェルネイルを塗る際には必要な作業なので、私も慎重に行います。

うっかりすると爪まで削ってしまい、爪が極端に薄くなる、ということがあるからです。

当然、爪が薄くなると爪が割れやすくなったり、痛みが生じることもありますのでやりすぎには注意が必要です。

ネイルケアは指先をキレイにするために必要なもの。ネイルケアをすることで派手なネイルも品のいい指先に。是非毎日のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか?

知らないと損?セルフとネイルサロンのネイルケアとはどう違う?

ネイルサロンのネイルケアってセルフとどう違うんでしょうか?

もちろん自分でネイルケアをすることは可能です。

しかし、正しい知識を持たずに見よう見まねでネイルケアをすることで、指先を傷つけてしまったり、爪が凹凸して生えてきたりと、トラブルの原因になることをご存じですか?

例えば甘皮。

ネイルサロンのネイルケアでは40度ぐらいのお湯につけて指先の角質を柔らかくしてからキレイにします。

さらに爪上についた角質を専用の器具で押し上げ爪や甘皮をキレイに。最後にキューティクルニッパーで仕上げます。

ネイルサロンのネイルケアでは【甘皮周りのお手入れ】が特に大切です。なぜなら甘皮周りは特に繊細な部分。

誤って切ってしまうと凹凸した爪が生えてくる原因にもなるからです。

セルフの場合よくわからずに甘皮をすべて切ってしまうケースも見られますがこれは細菌が入ってしまう事もあるのでお勧めしません。

爪が凹凸したり、皮膚から細菌が入って腫れてしまう原因になることも。

爪をキレイにするはずだったのに、こうなってしまったらがっかりですよね。
そうならないためにもネイルケアはプロのネイリストがいるネイルサロンで受けていただくのがいいです。

もちろん仕上がりも、自分でしたネイルケアよりも断然キレイです。

ネイルケアで指先をキレイにするとネイルをしなくても品のいいキレイな指先に。いつものネイルもぐっと引き立ちます。

年齢ともに爪の老化が気になるけど、ネイルケアをしたらキレイになる?

ネイルケアで余分な角質をキレイにすることで、みずみずしい指先をキープすることができます。

年齢ともに爪の老化が気になる、と悩んでいませんか?

ネイルケアで気になる指先のキレイにお手入れできます。

特に角質がたまりやすい指先や手は老化を感じやすい部分。さらに常に人目にさらされ、年齢が出やすい部分でもあるんです。

また年齢とともに爪が割れやすくなったりしてお悩みの方もいらっしゃいます。

老化と共に爪も変化していきます。だからこそネイルケアでキレイな指先をキープしたいもの。

老化に任せてそのまま放置しておくと爪や指先がさらに乾燥したりくすんだりして、年齢以上に指先の方が先に年を取ってしまうかも・・・

そうならないためにも定期的なネイルケアで余分な角質をキレにする事が大切なんです。
ネイルケアをすることで、みずみずしい指先をキープする事ができます。

私のネイルサロンでもネイルケアは人気のメニュー。ネイルケアだけはやってます、というお客様もいらっしゃいます。

さらにネイルをしても明るい色が似合うと私のネイルサロンでも喜ばれています。

ネイルケアで指先を若々しくキープ。ネイルケアで年齢を気にすることなくおしゃれを楽しむことができます。

ネイルケアを自分でしてみたいけど、どんなネイルケアグッズがいい?

ネイルケアを自分でしてみたいけど、どんなネイルケアグッズを選んだらいいでしょうか?

今ではネイルケアグッズはいたるところで売られています。
私が一番お勧めのネイルケアグッズは【爪用やすり】です。

爪の形を整えるものネイルケアの一部。特にジェルネイルをしている場合は爪切りよりも爪用のやすりで整えるのがベストです。

それ以外のネイルケアグッズについては正直お勧めしません。

確かにネイルケアグッズを使えば甘皮周りの皮を切ることが出来ます。

しかし私が見てきた多くの場合敏感な甘皮周りを傷つけてしまったり切りすぎて甘皮がパンパンに腫れているケースがとても多かったです。

本人はそれで満足しているようですが甘皮が切りすぎてパンパンに腫れた指先は正直あまり美しいとは思いませんでした。

もしネイルケアグッズをご自身でしたいという場合には一度ネイルサロンでネイルケアを受けていただくのがお勧めです。

あなたの指先やお爪の状態を知ることが出来ますし、ネイルケアで指先もキレイになりますのでとてもお得だからです。

もしそのあとネイルケアグッズでネイルケアをする際も一度【本物のネイルケア】を受けておくと目指す形がわかるのでお手入れもしやすいからです。

プロのネイリストであれば、あなたの指先の状態を見てきちんとしたお手入れのアドバイスをすることができるので、無駄なアイテムを買わずに済みますよ。

仕事上ネイルはできないけど、ネイルケアだったら大丈夫?

仕事上ネイルはできないけど、ネイルケアだったら大丈夫でしょうか?

ネイルケアはもちろん大丈夫です。お仕事上指先を使う人こそネイルよりもネイルケアを受けたいただきたいです。

なぜなら皮膚は「使えば使うだけ、角質がたまっていきやすい」場所だからです。

角質がたまってしまったまま放置することでたまった角質が硬くなり(角化)、指先がカチカチになることがあります

特にサービス業やお客様に触れることが多い業種の方は、指先が硬いとお客様は嫌がります。

ネイルケアではこのたまった指先や爪周りの角質をキレイにするお手入れ。

欧米では古代ギリシャ時代から指先をお手入れするネイルケアがあったといわれています。

定期的に角質をお手入れする【ネイルケア】を受けていただくと固い角質をキレイにお手入れすることができます。

仕事上ネイルが出来なくてもネイルケアなら品のいいキレイな指先をキープできます。

ネイルケアは特に以下のような方にお勧めのネイルサロンメニューです。

  • 書類仕事で指先が乾燥する方。
  • 接客で指先を見られることが多い方。
  • 仕事上ネイルは出来ないけれど指先をキレイにしておきたい方。
  • 自然な指先を楽しみたい方

私のネイルサロンでも以上のような方にネイルケアは喜ばれています。

さらにネイルケアをすることでいつものネイルがキレイにみえるという効果も。

指先に角質がたまっているとネイルをしても汚らしくなってしまうからです。

ネイルケアをすることで角質がキレイになるのでケバくなりがちなネイルもせいけつかんのある指先に。

ネイルケアでいつものネイルももっと素敵に見えます。

ネイルケアで仕事上ネイルが出来ない指先も清潔感のある指先に。

指先がキレイだといつもの仕事も楽しくなります。

【よくあるお悩み10】仕事で爪が伸ばせない・・・短い爪でもネイルケアって意味にあるの?

短い爪でも「ネイルケア」をしていただくことで、指先の印象はガラッと変わります。

ネイリストの中にも「爪は伸ばさなければキレイに見えない」と信じている人はいます。
そのため、爪が短いなら「ネイルはあきらめなければならない」と思っている人もいるようです。


しかし、例え短い爪でも「ネイルケア」をしていただくことで、指先の印象はガラッと変わります。


爪上にある余分な角質をキレイにするので爪が本来持っているツヤが戻るので指先が明るくなるからです。

ネイルケアをすることで爪が短くても女性の魅力を感じる指先にする事ができます。


こんな風にネイルケアをしていただくことで、たとえ短い爪でも自信が持てるような指先を手に入れることが出来るんです。

​ネイルケアの期間はどのぐらい?

ネイルケアの期間はどのぐらいでしょうか?私のネイルサロンでは

ネイルケアは約1か月の期間で受けていただくようにお勧めしています。

ネイルケアのみの場合ですと一度ネイルケアを受けていただくと約1か月の期間はキレイな状態が続きます。

それ以上たつと、再度爪が伸びると同時に指先の角質も増えてきますのでネイルケアをしていただいた方がいいです。

ネイルケアはネイルと違って色を塗らないのでネイルのように根元が目立つ、ということはないです。しかしほおっておくとだんだん指先が固くなってきたりします。

またささくれが増えてくる場合もネイルケアをした方がいいです。特に指先は角質がたまりやすい場所。

さらに水仕事などで指先が乾燥することで角質がたまりやすくそのため定期的な期間でネイルケアをする必要があるんです。

私のネイルサロンでは約1か月の期間で通っていらっしゃる方が多いです。ネイルをするかたが多いですがネイルケアをすることで【ネイルアートに品が出る】と喜ばれています。

ネイルケアでネイルなしでもきれいな指先に。指先がキレイだと人に会うのも楽しくなります

ネイルサロンでネイルケアを受けるにはどうしたらいい?

ネイルサロンでネイルケアを受けてみたい場合どうしたらいいでしょうか?ネイルサロンを検索してみたけど、メニューの種類が多くまったく分からない、というご相談をよく受けます。

実はネイルサロンのメニューは専門用語が多く、お店によっても呼び方が違う場合もあります。

最近ネイルサロンでよく見かける言葉が【ドライケア】という言葉。

こちらは厳密に言えばネイルケアではありません。ドライケアはジェルネイルというネイルをする前の下準備。

ネイルケアのように角質をキレイにしたりするのではなく【ジェルネイルを塗るときに邪魔になるルースキューティクルを取る】というのが目的です。

ネイルサロンでネイルケアを受けたい場合には以下のような呼び方が一般的です。

【キューティクルクリーン】

【キューティクルケア】

【ウォーターケア】

【ネイルケア】

キューティクルとは甘皮の事。ネイルケアとは【キューティクルクリーン】【爪の形整え】の総称なんです。

また正式なネイルケアはお湯を使って行いますので【ウォーターケア】と呼ばれることもあります。ちなみに私のサロンではお湯ではなく温かいクリームを使う【ホットオイルマニキュア】と呼ばれるものもあります。

こちらの方が個人的には指先が乾燥しづらいのでお勧めです。

ネイルサロンの多くがネイルだけのメニューでネイルケアはオプションメニューとなっています。

なのでもしネイルに加えてきちんとしたネイルケアを受けたい場合にはウォーターケアやキューティクルクリーンを加えていただくとネイルケアが受けられます。

ネイルケアをすることでいつものネイルもぐっとキレイに引き立ちます。指先がキレイだといつものおしゃれもぐっと引き立ちます。

ネイルケアをしたいけどのネイリストが自分よりも若すぎるし、ギャルだしちょっと怖い。

ネイルケアをしたいけれどネイリストが怖そうだし何を話していいか、わからない。

というネイルケアのお悩みをよくいただきます。

もちろん若いネイリストでも落ち着いた人もいますし、若くなくてもギャルっぽかったり怖い雰囲気を漂わせている人も多いです。

つまりネイルケア以前に【サロン選び】が大切ということです。せっかくネイルケアをするなら感じのいい人にやってもらいたいですよね。

結局高飛車な接客をするネイリストがいるネイルサロンはオーナーがそういう性格だったりするのである意味仕方がないのかもしれません。

もし感じのいいネイルサロンでネイルケアをしたいのであればその「ネイルサロンの雰囲気」を知っておくことが大切です。

「落ち着いた雰囲気のネイルサロン」は落ち着いたスタッフが多いからです。

そういうネイルサロンはネイルケアも丁寧ですし接客も丁寧です。

ちなみに私のネイルサロンでは落ち着いた雰囲気を売りにしていますがネイルケアにも力を入れています。他とはちょっと違ったこだわりのあるネイルケアでお客様からも大変喜ばれています。

もし若いネイリストやギャルネイリストが嫌なのであれば、落ち着いた大人の雰囲気のネイルサロンでネイルケアを受けてみてはどうでしょうか?

ネイルケアで指先がキレイになるだけではなく気持ちまでUPすること間違いなしです。

ネイルケアをしてみたいけど、どんなネイルサロンを選んでいいか分からない。

ネイルケアをしてみたいけど、どんなネイルサロンを選んでいいかわからない、というご相談をよくいただきます。

結論から言えば爪に対するこだわりがあって丁寧にネイルケアしてくれるネイルサロンを選んでください。

ネイルケア専門店やマニキュアを沢山扱っているネイルサロンがお勧めです。

そういうお店はネイルケアの知識も豊富ですしネイルケアも丁寧です。

逆に「ネイルケア=おまけ」としか考えていないお店があるのも事実。そのようなお店に行くと、ネイルケアよりもまず「ジェルネイル」をまず勧められます。

あなたの爪の状態やお悩みやネイルケアなど関係なく、「ジェルネイルを塗ればすべて解決します」といわれてしまうことも。

そのようなネイルサロンで爪を傷めたり、不本意なメニューをしないためには「ネイルケアメニュー」があるネイルサロンを選んでいただくことが大切です。

きちんとしたサロンでは、ホームページに必ずスタッフや店長の顔写真があり、「サロンに対する想い」や「爪の健康について」書いてあります。

その文章をきちんとチェックし、「ここなら大丈夫」とあなた自身が感じるところでネイルケアをすることが大切です。

ネイルケアで失敗しないためのネイルサロン選びのコツってあるの?

ネイルケアで失敗しないためのネイルサロン選びのコツってあるんでしょうか?

ネイルケアをする際にネイルサロン選びはとても大切です。

サロンによってジェルネイルしかやらないサロンやネイルケアが得意なサロンなど目的や用途が違うからです。

あなたのご希望に合ったサロンをしっかり選ぶことが大切です。 

間違ったサロンを選ぶことで、無理やりジェルネイルを塗られてしまったり、きちんとしたネイルケアを受けられなかったり、さらには爪を傷めてボロボロにしてしまったりすることも。

そうならないためにも、ネイルケアをしっかりしてくれるネイルサロンを選ぶ事が大切なんです。

そこで以下では「失敗しないネイルケアのネイルサロン選びの基準」の3つの基準をご紹介します。

特に

【ネイルケアをやったことがない】

【ネイルケアをやりたいけれどどんなメニューを選んでいいか、全くわからない】

という方に知っていただきたいです。

失敗しない!ネイルケアのためのネイルサロン選び 3つの基準

ネイルケアメニューが用意されているネイルサロン

一つ目は「ネイルケアを単独で受けられるメニューが用意されているネイルサロン」です。


なぜなら単独で「ネイルケア」メニューがある場合には、きちんとしたネイルケアを受ける事ができる、良心的なネイルサロンであることが多いからです。

中にはジェルネイルの下処理を【ネイルケア】を称しているサロンもあります。

これには注意が必要です。なぜならこれらの「ネイルケア」は「ドライケア」と業界では呼んでいますが本来のネイルケアとはまったく異なるものだからです。

本物のネイルケアは時間をかけて丁寧に行います。

そのため単独でも受けられるようなメニューを出してる良心的なネイルサロンで受けていただくのがおススメです。

丁寧にネイルケアをしてくれるネイルサロン

2つ目は「丁寧にネイルケアをしてくれるネイルサロン」かどうかです。

これって当たり前じゃん!って思ったかもしれませんが、ネイルケアに関しては意外とそうではないことが多いんです。

ネイルサロンの多くは時間との勝負。特に安さが売りのネイルサロンは要注意です。

そのようなサロンは手軽に行けるのがメリットですが回転率を上げなければならないため丁寧かどうかなんて二の次の事も。

ネイルケアは正直あまり高価格ではないので敬遠されがちです。雑な施術は仕上げにオイルを塗って誤魔化すことも。

ネイルケアを雑にすることでかえってささくれができやすくなってしまい汚らしい指先になってしまうこともあります

いくらネイルケアが安くて早い施術でも、数日後にこんな状態になってしまっては嫌ですよね。

丁寧なネイルケアは当日の見た目はキレイなのはもちろん、1週間後、1か月後の指先の状態をキレイに保つことができます。

しっかりネイルケアのための時間をとって丁寧なネイルケアをしてくれるネイルサロンを選ぶことが大切です。

ネイルケア中、座っていても冷えや身体の疲れが出にくいネイルサロン

3つ目はネイルケアの間、腰や腕が疲れにく身体が冷えにくいネイルサロンを選ぶのがお勧めです。

実はネイルケアをやっている間にすっごく腰や肩が疲れちゃう場合があるんです。

ネイルケアが終わって爪がキレイになっても、【はぁ~、なんだかどっと疲れちゃったなぁ】なんてこともよくあります。

原因はサロンの「椅子とテーブル」にあります。

特に一度にたくさんお客さんを施術するタイプの格安サロンの場合は要注意。

ネイルケアをやっている間は長テーブルの前に座って両手を前に出してネイルケアをする、というスタイルがほとんど。

しかし、人間の身体の構造上、この姿勢って実は【無理な姿勢】なんです。特に肩と腰にはキツイ。

せっかくネイルケアで爪をキレイにしてもらっても、ドッと疲れが出てしまってはちょっと気分が下がっちゃいますよね。

さらに、商業施設やスーパーの一角などでやっているネイルサロンは肩や腰以外に気を付けたいのが【冷え】です。

特に冬場ですと冷えた空気で下半身が冷えてしまうので、ネイルケアが終わった頃には疲れと冷えで疲れ果ててしまう事も(これは私が実際に体験したことなんです)

そうならないためにも、【どういう場所でネイルケアをするか】という場所にこだわる事もとても大切なんです。

もし【も冷えや身体の疲れが出にくいネイルサロン】を選ぶ場合、以下のポイントをチェックしてみるといいですよ。

・椅子は座りやすいか?(ソファータイプだと疲れにくい)

・テーブルに両手を出すタイプか?もしくは片手ずつお手入れするか?(片手ずつお手入れしたほうが、多少時間はかかっても疲れにくい)

・場所は壁で仕切られている部屋の中か?(商業施設の一角だと、外気にさらされ、寒さ暑さを感じやすい)

以上ネイルケアを受ける際のネイルサロン選び3つのコツについてご紹介しました。

是非参考にしていただけると嬉しいです。

私が運営しているネイルケアサロンのご紹介

ネイルケアに特化したネイルサロン エクラーラ

先ほどのネイルケア3つの条件。

なかなかネイルケアのすべて満たすネイルサロンをみつけるのは難しいかもしれないですね。

そこで私が運営している「ネイルサロン エクラーラ」をご紹介します。

先ほどの「失敗しないネイルケアサロンの条件」3つをもちろん満たしていますのでおススメです!

私のネイルサロンでネイルケアをするメリット

ネイルケア専用のメニューがあるのでネイルケアを初めて受ける場合でも安心。 

1つ目は「ネイルケア専用のメニューがあるのでネイルケアを初めて受ける場合でも安心」という事です。

ネイルサロン エクラーラではすべてのメニューに「ネイルケア」が含まれています。

なぜなら「爪や指先を美しくするすべての土台はネイルケアにある」と考えているからです。

もちろんジェルネイルについてくるようなよくあるネイルサロンの片手間の「ドライケア」ではありません。

お湯や専用のクリームを使って角質を柔らかくし丁寧に施術していきます。

本格ネイルケアで爪に色を塗らなくても透明感のあるキレイな状態の指先を手に入れることができるんです。

特にこんな方にお勧めです。

・仕事でネイルは出来ないが指先をキレイにしたい。
・仕事の関係で爪が伸ばせない。
・派手なネイルは苦手だけど指先はキレイにしたい。

ネイルサロン エクラーラ独自の【ネイルケア】で地爪の色を生かしたネイルを楽しんでいただけます。

施術時間を長めにとってあるので、丁寧なネイルネイルケアや接客を受けることができる

2つ目は 「施術時間を長めにとってあるので丁寧なネイルケアや施術を受けることができる」という点です。

ネイルサロンも価格破壊が進み安いだけを売りにしたネイルサロンが増えてきています。

それに伴って「ネイルケアを省略する」「ネイリストの施術が雑」「せかされる」「接客態度が悪い」といったネイルサロの接客の悪さが指摘されています。

原因はそのネイルサロンにもあるのですが格安にしてしまったために「施術の時間が十分に取れない」ということが大きな原因の一つです。

そのような場合一番大切なネイルケアが省略されてしまうということが少なくないです。

そういうサロンはお客の数をとにかくこなさなければならないので自然とネイルケア施術や接客は雑になります。

お客さんの要望は二の次ということになってしまいがちです。

私のネイルサロンでは1回の施術でキレイを最大限実感していただけるよう「施術のお時間」を通常のサロンよりも長めにとってあります。 

もちろんネイルケアのお時間もしっかり取ってあります。ネイルケアはいわば「ネイルの土台」のようなもの。

ネイルケアをしっかりすることで品のいい指先に仕上げることが出来ます。

さらにちょっと派手な色でもネイルケアをしっかりしておくとケバくならず品のいい指先を楽しめます。

このようにネイルサロンエクラーラではお客様の要望や【なりたい私】に焦点を当てた丁寧なネイルケアや接客を受けることが出来ます。

本格ネイルケアで1か月後もみずみずしい指先を楽しむことが出来る。

せっかくネイルサロンで指先をキレイにしても「数日後に指先がくすんでいる」「乾燥が気になる」ということはよくあります。

原因の一つは先ほどのお話ししましたネイルサロンでの【施術時間を十分に取れない】という点にあります。

施術時間をきちんととれないため必要なネイルケアの工程を省いてしまう事があるからです。

そのためネイルケアをせっかく受けても「数日後には指先がくすんでいる」「乾燥が気になる」という事にも。

私のネイルサロンでは施術時間を十分に取り数日後の指先もキレイに保てるよな独自のネイルケアシステムを導入しています。

その秘密は「専用の保湿クリームを使ったネイルケア」です。

通常はお湯に指を付けてお手入れするんですけど私のサロンでは専用の保湿クリームを使いながらお手入れしていきます。

(※メニューによってはお湯を使う場合もあります)

手間や時間がかかるので施術時間が十分に取れないと出来ない本格ネイルケアです。

次の日はもちろん1か月後の定期的なネイルケアに来ていただくころまでキレイな指先をキープすることが出来るんです。

特注ソファーと静かな個室で、ネイルケアしても疲れが出にくい

5つ目は「特注ソファーと静かな個室でネイルケアしても疲れが出にくい」という点です。

通常ですと長机の前に座らされ手を前に出した状態でネイルやネイルケアをします。

実は人間にとってはとても不自然な状態。

長時間続けることで腰に負担がかかってしまうんです。

当然ネイルはメニューによっては2時間3時間かかったりしますので「ネイルサロンに行くと腰がつかれてぐったりする」ということもしばしば。もちろんそのような大切でネイルケアを受けるのは正直つらいですよね。

そこで私のネイルサロンでは「極力身体特に腰に負担をかけてほしくない」という想いから長時間座っても疲れにくい特注ソファーをご用意しております。

疲れにくくリラックスしながらネイルケアを受けていただけます。

さらに個室タイプとなっておりますので商業施設の一角のサロンのような「冷え」を感じることなくネイルケアを受けていただけます。

夏はほどよい涼しさで冬は暖かい室内で体に負担をかけることなく考えられた特別なネイルサロンでネイルケアを楽しんでいただけます。

他のサロンではなかなか受けられない「ハンドケア」で、いつものネイルケアがさらにキレイに。

3つ目は「ハンドケア」です。

お気づきの方も多いと思いますが手の甲や指の関節は皮膚が薄かったり紫外線に当たっていたリします。

そのため爪以上に老化が早くさらに面積が大きいので年齢がばれやすい場所。

そのため本来であればネイルサロンでネイルケアをするときに一緒に手もお手入れしたほうがいいんです。

爪だけキレイでも「手がシワシワ」というのは見ていて痛々しいです。

しかし格安化が進んでいるネイルサロンでは時間や予算の関係でネイルケアはおろかハンドケアをやっているサロンは少ないです。

いざ受けようとしてもなかなか受けられないというのが現状です。

私のネイルサロンではネイルケアを受けるともれなく「ハンドケア」がついてきます。

スクラブと季節のパック(保湿や泥)を使ったオリジナルのハンドケアをネイルケアと一緒に受けることが出来ます。

ネイルケアと合わせて受けることが出来るのでネイルケアだけよりも手全体がキレイに若々しく。

ネイルケアだけよりも手も一緒にキレイにすることであなたの印象は一気にUPします。

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴