ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

トップコートでの気泡が出来る原因&対策!プロ級ネイルのコツ

トップコート気泡

「トップコートを塗るとブツブツの気泡ができちゃった・・・」

これ嫌ですよね。

トップコートを塗ると気泡が出来てしまう理由とは何でしょうか?

実は理由はいくつもあるんです。

そこでトップコートと気泡についてネイルサロンのプロネイリストがまとめました。

トップコートを塗ると気泡が出る原因と対策

トップコートをハケで何度もペタペタ塗ると気泡になることがある。

トップコートを塗る際のハケの使い方が気泡の原因に。

ブツブツが出来てしまう原因で挙げられるのがトップコートを塗る際に

「何度もハケでべたべた塗ってしまう」というもの。

「あ~ツヤツヤにならないからもう一回」と何度もハケで何度も塗ってしまう。

これがブツブツの原因になるんです。

トップコートの関連動画

トップコートの関連動画をご紹介します。トップコートやマニキュアをキレイに仕上げるためのわかりやすい動画となっています。是非参考にしてください↓

気泡ができないトップコートの上手な塗り方3ステップ

ブツブツが出来ない上手なトップコートの塗り方について説明します。

手順は以下の通り。

  1. ハケについた余分なトップコートを落とす
  2. ハケをしっかり広げる(これ大切)
  3. 軽く一気に塗る

ボトルの口を使ってハケについた余分なトップコートを落とします。

このとき大切なのが「ハケの先端に少量のトップコートを集めてくる」という事。

ハケをしっかり広げて気泡のないネイルに仕上げることでハケやトップコートに含まれている気泡を追い出すことが出来るんです。

ハケをしっかり広げたらそのままトップコートを一気に塗っていきます。

トップコートを塗った後にブツブツができてしまう一番の理由は「何度も同じ個所に塗ってしまう」という事。

ペタペタと同じ個所を何度も塗ると気泡が入ってしまうからです。

塗る際はハケをしっかり広げて一気にトップコート塗るのがコツ。

一度トップコートを塗った箇所はできるだけ触らないようにすると気泡のないキレイなネイルが完成します。

トップコートを塗ると気泡の代わりに曇ることがある。放置するかトップコートを2度塗りすると曇りが解消する。

お気に入りのネイルを塗ったとき仕上げのトップコートが曇ってしまう・・・ということありませんか?

私自身もネイルが曇ってしまったというご相談を良くいただきます。

そこで今回はトップコートが曇ってしまう原因と曇ってしまった時の対処方法をご紹介します。

トップコートが曇る一番の原因は「湿気」と「温度」です。

ムシムシして暑い日とかは気泡や曇りが発生しやすいです。

実は私自身もトップコートを塗ったら「白く曇ってしまった」という経験があります。

塗った端からみるみる曇ってしまい…なんだか怪奇現象を見ているようでびっくりしたことがあります。

実はしばらくしてから気づいたのですが「曇った」と思っていたのは「ネイルの上についていた水滴」だったんです。

寒い日に窓の内側が曇るようにネイル表面にも水滴がついちゃったみたいなんですね。

湿気の多い日に温度差があったりするとトップコート曇ってしまうこともあります。

ところで私の「曇ったケース」ですが実はそのまま10分ほど置き指で触ったら簡単に取れました。

ネイルが曇ってしまった場合にはどうしたらいいでしょうか?

再度上からトップコートを塗ります。

このときは冷蔵庫などで冷やしていない常温で保存したトップコートを塗ります。

ジェルネイルの場合も同様に再度上からトップコートを塗ります。

ツヤがでなくても再度トップコートを塗ることでキレイなツヤを出すことが出来ます。

湿気のある日に温度差のある状態で使用すると曇ってしまう場合も。

曇ってしまった場合には上からもう一度薄く塗るとツヤが戻る。

マニキュアの場合には常温で保存したトップコートを塗るのがおススメ。

マニキュアは速乾トップコートで早く乾かせると気泡も出にくい。

マニキュアが早く乾くトップコートの塗り方をご紹介します。

トップコートを塗らない方が早く乾く?逆なんじゃないの?と思ったアナタ。

トップコートを塗ったほうが早く乾きます。

その時は速乾タイプをを選ぶのがコツ。

ワタシがいつも心がけているトップコートの塗り方のコツはこんな感じ。

とにかく力を抜いて塗る。
ツヤが出ない場合には2度塗り(1度にたっぷり塗らない)
優しくふんわり塗る

せっかく塗ったマニキュアがよれないように優しくふんわり塗るのがコツ。

ペタペタと同じ個所を何度も塗ると気泡が入ってしまうからです。

暑い日は気泡や曇りがトップコートを塗ると発生しやすい。

ムシムシして暑い日とかは気泡や曇りが発生しやすいです。

マニキュアの気泡を防ぐために凍らせたペットボトルで指先を冷やしながらマニキュアを塗っていました。

ネイリストにとっても「湿気」と「温度」ってかなり気を使います。

特にマニキュアの場合には仕上がりに気泡が出来ちゃう場合もあるからです。

実際マニキュア自体も厚い温度にはそれほど強くはないらしく「湿気の多い日に使うと気泡ができる場合もあります」と注意書きあるのを見たことがあります。

トップコートを塗って気泡がでる原因5つまとめ

トップコートを塗ってでる気泡のことを「バブル」と言いますが原因はいくつかあります。

  • 一度にたくさんの量を塗ってしまった。
  • 同じ場所をハケで何度も撫でてしまい空気が入ってしまった(ハケで一気に塗るのが大切です)
  • トップコートに気泡が入っている
  • 塗られる人の指が熱い(体温が高い)
  • 気候(気温が高かったり湿気が高い)

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。