ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ネイルの後爪が白いのはなぜ?ネイリストが原因と対策をまとめました!

爪白い

ネイルの後、爪が白いのはなぜ?

「ネイルを落としたときに爪がところどころ白いんです・・・」

ネイルを落とした後爪がところどころ白いというお悩み。

実はとても多いです。

 【爪が白い】という原因はいくつもあります。

マニキュアを繰り返して白い状態になったり爪が乾燥するのが原因の場合も。

さらにはネイリストの間でも【原因がよくわからない・・・】と言われているような物もあるぐらいです。

そこで今回は相談者さんから頂いた【ネイルの後に爪が白い】というお悩みを中心に私のネイリストとしての経験を織り交ぜて原因と対処方法を中心にまとめてみました。

ここで注意なんですけど私の個人的な経験による内容もありますので現在のあなたの状況とは違うかもしれません。

ですのでもし爪に違和感や痛みがあったら【医療機関】などへ行っていただくようお願いします。

ジェルネイルの落とし方の関連動画

ジェルオフに関する関連動画をご紹介します。ネイルあと爪が白い状態の原因の一つジェルオフ。初心者でもわかりやすくゆっくり説明しているのでセルフの方にお勧めです。爪を痛めないコツも紹介してるのがウレシイ!是非参考にしてください

ジェルネイルを落とすと爪が白い状態になることがある。

ジェルネイルを落とした時に爪にところどころ白い状態になることがあります。

特に【表面がその部分だけ凹んでいる】場合これは部分のネイルが削れてしまっているということです。

私の経験上よくある原因が【ジェルネイルをはがす際に爪が一緒に剥がれてしまった】というケースです。

【メタルプッシャー】で無理にジェルネイルをはがすと表面の一部が持っていかれてしまい白い状態になることがあります。

メタルプッシャーは当たり前ですけどはるかに硬いので無理に押し上げたり表面をこすったりするのはNG。

無理にジェルオフしたりジェルを自分でむしったりすると爪の表面が持っていかれ白い状態になることがあります。

もしジェルネイルの剥がれたペラペラが気になる!という場合にはそのペラペラの部分だけ爪切りとかでカットしていただき出来るだけ早くネイルサロンでお直ししてもらうのがいいですよ。

痛んだ時にジェルオフすると白い爪になることがある。

ジェルネイルで傷んでいるときにジェルオフすると白い爪になることがあります。

白くまだらになったりぽつぽつと白い斑点のようなものが爪の表面に出ることも。

ジェルネイルのリムーバーには爪を乾燥させる成分が入っています。

ジェルオフする際に爪の潤いが持っていかれてしまいその部分が乾燥し白い状態になることがあります。

爪が傷んで白い場合はネイリストと相談するのがベスト

爪が傷んで白い場合はジェルネイルを塗るかどうかはネイリストと相談して決めるのがおススメ。

ジェルオフ後に白い=爪が傷んでいる

とい可能性が高いからです。

本来でしたらこんなことネイリストが言っちゃいけないんでしょうけど。

でも毎月爪の表面を削りジェルを塗りオフする。これを繰り返していたらやっぱりは痛みます。

お化粧もそうですけど、お肌が疲れたらお肌を休ませるようにあなたの爪も休ませる期間は必要です。

ジェルオフ後の爪先に「白い波打っている模様」があればジェルネイルはお休みのシグナル。

ジェルオフ後のネイルを見ると【白い波打っている模様】が見えることがあります。

【トッププレートが削れてミドルプレートが見えちゃっている】という状態なんです。

簡単に言うと【爪が薄くなりすぎた】状態です。

爪はミルフィーユみたいになってて一番上を【トッププレート】その下を【ミドルプレート】一番下(お肌に近いところ)がアンダープレートと言います。

ジェルネイルでサンディングやオフを繰り返しあまりにも薄くなってしまうとこの【トッププレート】がなくなってしまい波模様の【ミドルプレート】が出現します。

私のサロンに【ジェルネイルで爪が薄くなってしまったのでお手入れしたい】とご来店されるお客様のなかにはこのように白い波がみえる方もいらっしゃいます。

白い波模様は爪先に多くこのようになってしまった場合どんなに強力なジェルネイルをしても1週間程度で取れてしまうという方が多いです。

白い状態は爪が伸びれば改善する場合がほとんど

白い爪の状態は先端がほとんどです。なので白い部分が伸びきってしまえば再びジェルネイルをすることが出来ます。

おおよそジェルネイルで薄くなる場合は爪先が多いです。

爪先の薄くなった部分をできるだけ早く伸ばしてもらい生え変わりを待つというのが一番地味ですがおススメです。

その間のケアですが【割れないようにする】というのが大切。

あまりに薄いと縦から裂けます。私も一度経験あるのですがとても痛いです。

そういう状態を避けるためにベースコートを重ね塗りしオイルで保湿します。

爪自体には神経がありませんが(だから切っても痛みを感じないですよね)お肌の一部です。

あなたのお肌をいたわるのと同じように爪もいたわってあげるとお肌同様キレイに育ってくれます。

白い爪が気になったらジェルをお休みする勇気も必要。

乾燥して白い爪になったりすると【じゃあさらに強力にくっつくジェルネイルをしましょう】というネイルサロンもあります。

もちろんそれもいいかもしれません。

人によってジェルネイルの相性があると言われているからです。先端が白い爪ももちろんジェルネイルは出来ます。

しかし【強力に爪にくっつく】=【はがすときにあなたのお爪に負担がかかる】というのはあまり知られていないです。

強力にくっつくジェルネイルは健康な爪ならともかくあまりにも傷んだ爪にはお勧めしません。

ですので爪があまりに薄くなってしまい対処できなくなる前に【あなたのジェルネイルをお休みする】という勇気も大切です。

ジェルで爪が薄くなりすぎると爪先の白い部分が下がり剥離の可能性も。

爪の先端の白い部分が下に下がってくることがあります。

これは【ジェルで爪が薄くなりすぎると剥離する】というもの。

具体的にはフリーエッジの白い部分がどんどん下に下がってくるというものです。

爪は皮膚に固定されていますが実は意外に簡単に剥がれてしまう事があります。

たとえば爪と皮膚の間に誤って物が入ってしまったとき。

爪先の白い部分がが後退していってあともうちょっとで根元まで達するんじゃないかというものもありました。

その剥離している状態を隠すためにさらにジェルネイルを塗るそうやってさらに薄くなっていく・・・というジレンマに落ちってしまうのです。

もし爪が薄くなってきたり剥離してきたらどうしたらいいでしょうか?

私のサロンではジェルネイルやネイルはお休みして様子を見てもらう事にしています。

私の経験上一度剥離してしまった爪は再びくっつくことはありませんが伸びてくるにしたがってもとに戻る場合もあります(私もそうでした)。

【縦筋を消す】ために縦筋が見えなくなるまで表面をガンガン削るという人がたまにいます。

私のサロンでもご相談に見えたお客様がいらっしゃいました。

みると爪先の白い部分が下に下がってきていました。。

聞くと【縦筋を消すために表面を削っていたら最近爪が折れるようになった】とのこと。

こういうケースもありますので爪の縦筋が気になる方は表面も削り過ぎだけは注意していただきたいです。

ジェルの中浮きで白い斑点が出来る場合がある。

白い斑点が出来る原因の一つに【ジェルの中浮き】があります。

これは【ネイルの後に爪が白くなる】とうテーマで色々調べていた時に見つけたものです。 

特長は【ジェルオフ後中央が白い状態になる】という場合。中浮きで白くなるプロセスはこんな感じです。

ジェルが中浮きすると爪が傷む状態でジェルオフすることで普段よりも乾燥し中浮きした部分が白くなる。

特によくあるのが【爪の中央】です。

実は中央って中浮きしやすいです。

ジェルネイルが自然に剥がれる際に爪の上の部分が一緒に剥がれてしまいその部分が白くなってしまうというもの。

さらに中浮きの部分の爪が傷みその部分がリムーバーで乾燥するのが原因の一つだと考えられます。

マニキュアの除光液で白い爪になることも

マニキュアを塗っていて除光液を落とした後に白い爪になってしまう事があります。

除光液やリムーバーは便利ですが同時に爪のうるおいまで奪ってしまうため使いすぎることで乾燥し白い状態にあってしまう事も。

爪が乾燥で白いというのはネイルをやっているとよく見かけます。

たとえばジェルネイル前に水分をとるためにクリーナーなどを使いますが爪が一種に白い状態になります。

またマニキュアを塗る前のプレプライマーを塗っても爪が白くなる場合も。

この場合には全体的に白くなります。

では白くなってしまった場合にはどうしたらいいでしょうか?

すぐに戻るからと言って除光液を毎日使うのは正直おススメしません。

なぜなら慢性的に乾燥している場合もとに戻らないこともあるからです。

お肌もそうですが適度な潤いって必要だからです。

実はネイルをしなくても白い状態に見えることがあります。

その原因の一つが【ルコニキア】と呼ばれるものです。爪の内側にできています。

これは爪を強くぶつけた時などにできるもの。海外では【幸運の星】と言われているようですが実際にはどうなんでしょうかね?

強くぶつけたりするとネイルマトリクスに損傷を受けたりするのが原因です。

身体の病気で白い爪になることもあります。

ネイルが全体的に白いのを白色爪というようですがこれは肝臓の病気が原因と言われています。

さらには爪が白濁して見えることも。

これは【白癬菌】が爪の先端から侵入して感染するのが原因。。

実はこれ以外にも爪が緑になるケースや黒く見えるケース黄色く見えるケースなど様々あります。爪の剥離は身体の病気が原因でなることもあります。

たとえば【カブレ】があげられます。

ジェルが爪と皮膚の間に流れてかぶれてしまった際に剥離を起こす場合も。

特に硬化する前のジェルネイルはべたべたしますしアレルギーを起こしやすいと言われています。

ジェルネイルを落とすと爪の一部分が剥がれて白い状態になることも

ジェルネイルを落とした時に爪にところどころ白くなることがあります。

特に【爪表面がその部分だけ凹んでいる】場合これは部分のネイルが削れてしまっているということです。

私の経験上よくある原因が【ジェルネイルをはがす際に爪が一緒に剥がれてしまった】というケースです。

【メタルプッシャー】で無理にジェルネイルをはがすと表面の一部が持っていかれてしまい白い感じになることも。

メタルプッシャーは当たり前ですけど皮膚よりもはるかに硬いので無理に上げたり表面をこすったりすると爪を痛めることになります。

無理にジェルオフしたりジェルを自分でむしったりすると表面が持っていかれ白く見えることがある。

もしジェルネイルの剥がれたペラペラが気になる!という場合にはそのペラペラの部分だけ爪切りとかでカットしていただき出来るだけ早くネイルサロンでお直ししてもらうのがいいですよ。

爪が白くなってしまった場合の対処方法ってあるの?

白くなってしまった場合はオイルや水を付けると目立たなくなることが結構多いです。

特に除光液やエタノールで爪の表面が白くなってしまった場合はこの方法で大抵はキレイになります。

水やオイルを塗っても白い状態が消えない場合には【マニキュアのベースコート】を塗るという方法がおススメです。

クリアネイルって傷んだり乾燥したお爪のお手入れにはとても重宝するんです。

ジェルネイルを塗ると色の効果やベースコートの効果で爪の白い部分が目立たなくなる場合もあります。

まとめると爪が白くなる原因は4つ。

今回は【爪が白いのはなぜ?】という疑問について考えてみました。

ネイルをした後に白い状態になるのは主に以下の原因にまとめられます。

・除光液やリムーバーによる乾燥

・ジェルネイルの中浮き

・表面が削れてしまっている

・剥離

いずれにしてもあなたの爪にとってはいいことではないので白い場合はジェルネイルを再度塗る場合には状態をよく見極めてから塗る方がいいです。

さらにマニキュアはジェルにくらべると負担が少ないと言われていますが除光液を繰り返すことであなたのお爪が乾燥していくことは間違いないです。

 あまりに爪が乾燥してきた場合にはネイルを中止しベースコートやネイルオイルでケアする方向にシフトするのがおススメです。

さらに乾燥するとき必ずと言って起こるのが【爪割れ】。

出来たらネイルサロンでネイルケアを受けていただきたいです。

爪が割れにくい形に整えることができるほか表面の角質をお手入れできるのでツヤが戻ってキレイにみえるからです。

ネイルアートや色を塗って爪をキレイに見せるのもいいですが地爪にツヤが出てキレイになると色を塗らなくても手がきれいにみえるものです。 

是非これを機会に地爪の美しさを極めてみてはどうでしょうか?

オマケ:爪の白い部分について

爪の形をととのえることで清潔感のある指先を保つことができます。

この先の白い部分はフリーエッジと言います。

フリーエッジは指から離れちゃってるのでその分乾燥しやすく折れやすいんです。

なので爪を伸ばすと折れやすいというのは自然なことなんです。

市販のネイルニッパーで白い部分をすべて切るのはあまりお勧めしません。

フリーエッジを1~2ミリ残してあとはエメリーボードで優しく整えるのがおススメです。

私の経験上ネイルニッパーでフリーエッジをすべて切ってしまうのはおすすめしません。

爪は皮膚とくっついていますがフリーエッジぎりぎりまで切る際に指にネイルニッパーをぐいっと押し当てて切ることで爪と指の間に圧力がかかるからです。

私の周りは白い部分を切ってしまっていても深爪になっていない人もいますので一概には言えませんがあまりお勧めしません。

フットネイルは短くしすぎることでトラブルを引き起こすことがありますので白い部分を全部切ってしまうのはおすすめしません。

爪の先端が乾燥しているようで白くヒビが入ったりします。

爪はほっそりして見えますがフリーエッジは上まで上がってくれません。 

ですので形自分で整える際に両端部分を程よく残すことが大切です。

フリーエッジを3~5ミリ程度伸ばして行くのがベスト。

ネイルサロンに行くからという理由で白い部分を全て切ってしまう人がいますがこれでは爪のかたちをととのえることがで出来ずもったいないです。

白い部部(フリーエッジといいます)の位置は実は変えることができます。

おススメはフリーエッジを1~2ミリ残して切るという方法です。

よく白い部分を市販のネイルニッパーで少しも残さずパチパチ切ってしまうケースがありますがあまりおすすめしません。

どうしても短くしなければならない場合にはある程度フリーエッジを残して切りあとはやすりで微調整するのがベストです。

フリーエッジの裏からオイルを垂らすことで爪の両端にオイルが届きささくれが改善する場合があります。

下記ページもご参考にしてください。

まとめ

今回はネイルで爪が白くなる原因についてご紹介しました。参考にしていただけると嬉しいです。ほかにもネイルに関する記事を書いていますのでもしよければお読みください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました!是非ネイルを楽しんでいただけると嬉しいです。

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。