ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

ウッドスティックの便利な使い方とは? 1本あると安心!プロのネイリストがウッドスティックについてまとめました!

ウッドスティックについてまとめました

ネイルで1本あると安心なウッドスティック。でも実際ウッドスティックを上手に使いこなすのは結構大変です。ここではウッドスティックの下準備やネイルサロンで実際にやっている使い方。そしてウッドスティックの選び方などプロの視点からご紹介します。

ウッドスティックとは?

そもそもウッドスティックとは何でしょうか?

ウッドスティックとはネイルをする際に使う木の棒です。ウッド=木なのでそのまんまの名前ですよね。

ネイルサロンではオレンジスティックとも言います。

ウッドスティックはネイルサロンではなくてはならないアイテム。必ずと言っていいほど使います。よく先端にコットンを巻いて使用したりするのですがそれ以外にも

マニキュアやジェルの修正に使ったりすることが多いです。


さらに私の場合はウッドスティックをネイルアートをする際にも使います。

でもなぜウッドスティック何でしょうか?

プラスチックの棒のほうが使いやすい!って思っちゃいますよね。

私にもなぜこれほどネイル業界にウッドスティックが広がっているのかは分かりませんがおそらくその理由の一つは【自分で形を調節できる】ということだと思われます。


通常ウッドスティックを買うと形は四角になっています。

このまま使うと痛いです。なのでネイルサロンでは使わなくなったファイルでウッドスティックの先を滑らかに削ってきます。

ネイリストで好まれるのが【薄い】形。先端がナイフの先端のようになっていて薄さがある、この形が好まれます。

このように自分好みに形を変えられるのがウッドスティックの人気の秘密なのではないかと思います。

以下ではウッドスティックの使い方や選び方などを説明していきます。

もしよければ参考にしてもらえると嬉しいです。

ウッドスティックの下準備


実はウッドスティックを買ってきてもたいていの場合はそのままでは使えません。

ネイルサロンではウッドスティックを買ってきたらまず下準備をします。ここでは下準備についてご紹介します。

 

■準備するもの
ウッドスティック
やすり(ファイル/使い古したものでOK)・・・80~100グリッドぐらいがベスト
スポンジバッファー)使い古したもの


■ウッドスティック下準備やり方

1.先端を削ります

ファイルでウッドスティックを削ります。

ファイルにウッドスティックの先端をあて、こすりながら削っていきます。

形は好みのよりますがネイルサロンでは以下の2種類に削ります。

・へら型
・刀型

へら型は甘皮周りの修正に、刀型は皮膚についたネイルの修正やパーツを付けるときに使います。

どちらも先端に行くにつれて薄くなればなるほど使いやすいです。


2.スポンジバッファーで軽く削る

最後にスポンジバッファーで軽く削ります。

ネイルサロンで施術する場合や検定を受ける場合にはこの作業は必須。

なぜなら粗いファイルで削るとウッドスティックにコットンを巻いた後取れなくなってしまうからです。

スポンジバッファーで削ることでウッドスティックの表面がツルツルになり、巻き付けたコットンがするっとキレイに取れます。

ウッドスティックにコットンを巻く方法

ウッドスティックにコットンを巻く方法をご紹介します。やり方は以下の通りです。

1.コットンを開きます(面取りしていなコットンなら表面を使ってもOK)

2.コットンにウッドスティックを軽く押し当てます

3.そのままウッドスティックをクルクル回すとコットンが巻き込まれていきます。


 
薄くする場合は少なく、厚くする場合はウッドスティックに多くコットンをまきこむのがコツです。

マニキュアをふき取る場合は除光液を先端に少量つけると落としやすいです。

さらに甘皮周りの修正でしたらウッドスティックのみでもうまくいく場合もあります。

ウッドスティックにコットンを巻く際に注意したいことは【先端のみに巻く】ということです。

ウッドスティックの先端にコットンを巻く、というのは鉛筆だったら黒い芯の部分にのみコットンを巻くイメージ。


持ち手の方までコットンを巻いてしまうと除光液がしみてしまい、指のネイルが取れてしまう事があるからです。

施術を早くするためにもコットンはウッドスティックのした数ミリの部分にのみ巻き付けるのが正解です。

ウッドスティックの便利な使い方

ウッドスティックの使い方についてご紹介します。ネイルサロンではウッドスティックを主に以下のような用途で使うことが多いです。

1.パーツ乗せに使う
2.薄くコットンを巻いて、はみだしたカラーの修正に使う
3.ジェルオフの際に柔らかくなったジェルをこそげ落とす際に使う


では詳細をいかに説明します。

1.【ウッドスティックをパーツ乗せに使う】という方法

【ウッドスティックをパーツ乗せに使う】という方法についてご紹介します。

ウッドスティックの先端にジェルネイルを少量つけるとストーンやブリオンなど細かいパーツがくっつきます。

これはネイルアートをする際に非常に便利なアイテムとなります。

ピンセットではつまみにくいパーツでもウッドスティックなら早くキレイに載せられます。

【2】ウッドスティックに薄くコットンを巻いて、はみだしたカラーの修正に使う

2つ目のウッドスティックに薄くコットンを巻いて、はみだしたカラーの修正に使うという方法についてご紹介します。


コットンのやわらかい部分を割いて出して、ウッドスティックの先端にクルクルと薄巻きにします。

この部分に除光液をつけると、爪からはみだしてしまったカラーの修正に使える棒に。


特にポリッシュの修正をする際にこの方法はすごく便利。ただしゴシゴシこすると痛みが出るので優しくおさえるように、はみだした部分をふき取ります。

さらにジェルネイルの修正の場合はウッドスティックにコットンを巻かずにそのまま修正します。


ウッドスティックが1本あれば、修正がぐんと楽になるのでネイルの時間の短縮になります。

 

【3】ジェルオフの際に柔らかくなったジェルをこそげ落とす際に使う

3つ目のジェルオフの際に柔らかくなったジェルをこそげ落とす際に使う、というウッドスティックの使い方についてご紹介します。

ジェルネイルは専用リムーバーをコットンにしみこませアルミで巻くと、ジェルが柔らかくなります。

この柔らかくなったジェルネイルをこそげ落とす際にウッドスティックを使うという方法があります。

もちろんメタルプッシャーを使う、という方法もありますが私は断然ウッドスティック派です。

というのもウッドスティックのほうが爪への当りもいいですしメタルプッシャーの場合は無理やりジェルネイルを剥がしてしまい爪を痛めてしまう事があるからです。


以上になりますがウッドスティックはネイル施術にはなくてはならないアイテムであることがわかります。

是非ウッドスティックを上手に使いこなしてきれいなネイルを仕上げてくださいね!

ウッドスティックの代用って出来る?

ウッドスティックの代用って出来るでしょうか?

基本的に代用できるものとして以下のものが挙げられます。

楊枝
割りばし

基本的に木の棒であれば代用できます。

代用する際のコツは【ファイルで形を整える】ということ。


ヘラの様な形に整えてから使います。

特に割りばしは鋭利な部分もありますのでそのままウッドスティックとしてネイルで使うのはお勧めしません。

楊枝の場合も同様に、少し先端を薄く削ってから使わないと甘皮周りの修正などは汚く仕上がってしまいます。

ウッドスティックの選び方

ウッドスティックの選び方について最後ご紹介します。

ネイルサロンでは同じウッドスティックでも長さ別に使い分けるということをします。

長い方が施術がしやすい反面、フットやパーツを乗せるような細かい作業の場合には長さが邪魔になります。

具体的には以下のようにウッドスティックを使い分けています。


長いウッドスティック・・・マニキュアやジェルの修正に使う

短いウッドスティック・・・フットネイルをする際に使う。パーツを乗せる際に使う


ネイルサロンの場合にはウッドスティックを買うとたいてい20センチぐらいですので最初はマニキュアやジェルの修正に使います。

ネイルサロンではウッドスティックを使うたびに先端を削りますので次第に短くなってきます。

ウッドスティックが短くなってきたらフットやパーツを乗せる際につかう、というようにウッドスティックを場面で使い分けることが多いいです。

なのでネイルの施術で使う場合には断然20センチ程度の長いウッドスティックがお勧めです。

20センチあればファイルたてに入れても取り出しやすいですし、使いやすいです。

逆にウッドスティックが短くなってきたらフットネイルをする際に使うと使いやすいです。以上、ウッドスティックの選び方についてご紹介しました。

ウッドスティックを購入する際の参考にしていただければと思います。

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴