ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

東京都品川区大井1-16-2 ブリリア大井町ラヴィアンタワー1階店舗(大井町駅徒歩5分)
TEL: 03-6417-1262

大理石ネイルのやり方ってどうやるの?プロのネイリストが大理石ネイルのやり方をまとめました!

大理石ネイルのやり方についてまとめました

今人気の大理石ネイル。
大理石ネイルは本物の大理石のような柄や奥行きが魅力のネイルです。

大理石ネイルはネイルサロンでも大人気のネイルデザイン。
大理石ネイルのやり方は一見複雑そうなデザインですがコツさえ押さえればやり方は簡単です。

ネイルサロンでは大理石ネイルはジェルネイルのやり方が一般的ですが、やり方によってはマニキュアでも可能です。

今回はそんな大理石ネイルのやり方をご紹介します。大理石ネイルがプロっぽく見えるコツを中心にご紹介します。

大理石ネイルのやり方とは?

大理石ネイルのやり方とは何でしょうか?まずジェルネイルでやる大理石ネイルのやり方をご紹介します。

大理石ネイルのパターンで多いのが白×黒を使ったやり方。

白といっても大理石ネイルの場合クリアジェルで色を薄めて使います。

大理石ネイル材料

ベースジェル・トップジェル
白色のジェル(クリアジェルを1:1ぐらいの割合で混ぜておきます)
黒色のジェル(クリアジェルを黒1に対して0.5ぐらいで混ぜて置きます)
細筆
ストーンなどのネイルパーツ


大理石ネイルのやり方

1.ベースジェルを塗ります。

2.クリアを混ぜた白色ジェルをを2度塗りし、硬化します。

3.その上にクリアジェルを薄く塗り、ここでは硬化せず次の工程へ。

4.細い筆を使いクリアを混ぜた黒色で模様を書いていきます。

この黒が大理石ネイルの大理石模様になるので細かくギザギザを書くように線を引いていきます。真っ直ぐの線よりもいびつにあえて書くのが大理石ネイルのコツです。

もしわからなければ『 X・Y・Z 』の字をイメージしながら線を書いていくと大理石ネイルの雰囲気が出ます。
5.クリアジェルを塗った上から書くので、自然と馴染んでいきます。

6.クリアを混ぜていない黒色のジェルで先ほど書いた線の上に細い線を書きます。

2度黒色の線を入れることで大理石ネイルに奥行きが出ます。

7.線を入れたところから薄く毛細血管のようなモヤモヤ線をいくつか追加して書いていきます。
硬化します。

8.トップジェルを塗ったら完成です。

大理石ネイルは正直ネイルサロンでもネイリストのセンスや力量が問われるデザイン。
何度か練習すると大理石ネイルのやり方コツがつかめます。大理石ネイル是非やってみてくださいね!

大理石ネイルのやり方のコツ

大理石ネイルやり方のコツとは何でしょうか?

実は大理石ネイルは完璧に仕上げようとすると正直難しいネイルアートです。大理石ネイルが難しい理由が【奥行きを出す】【大理石模様を書く】この作業がネイリストによってやり方も違えば、その人の力量によっても仕上がりが違うからです。

そのため【フレンチネイル】【一色塗】のような再現性の高いアートとは違い、大理石ネイルは再現性の非常に低いネイルアートです。そのため大理石ネイルをキレイに仕上げるためにはやり方にこだわるのがコツです。

大理石ネイルのやり方のコツ。それは【誰が】【何度やっても】【同じような大理石ネイルになる】というやり方をすること。私がやっている大理石ネイルのやり方は以下の通りです。

  1. カラージェルを塗る
  2. 硬化する前に大理石の模様をある程度書く→硬化
  3. カラージェルを再度塗る→硬化
  4. 濃い色でさらに大理石の模様を書く
  5. トップジェルを塗って完成

もちろん大理石ネイルのやり方はいろいろありますがこのやり方だとほぼ毎回同じような大理石ネイルに仕上げることが出来ます。

何度も筆でなじませたりして大理石ネイルを作っていくのは熟練したネイリストならいいですが正直難しいです

それよりも何度かベタ塗りすることで奥行きを出す、というやり方のほうが楽ですし大理石ネイルの再現性が高いです。

以上のように大理石ネイルは実は本気で仕上げようと思ったら難易度が高いネイルアート。

腕を磨くよりもやり方を工夫することでセルフでもネイルサロンでも満足度の高い大理石ネイルを作ることが出来ます。

オーロラ大理石ネイルのやり方とは?

オーロラ大理石ネイルは夏に人気のネイルデザインです。オーロラが太陽や夏をイメージするのでフットネイルでもオーロラ大理石ネイルは人気です。

オーロラ大理石ネイルで使うのがオーロラフィルムと呼ばれるフィルムです。光の加減によって光が反射するので大理石ネイルがオーロラのように見えるんです。

オーロラ大理石ネイルやり方の基本は

大理石ネイル+オーロラフィルム

です。オーロラフィルムは飛び出す場合もあるのでオーロラ大理石ネイルを作る際はきちんとトップジェルで埋めておくのがやり方のポイントです。


オーロラ大理石ネイル材料

  • ベース&トップジェル
  • オーロラフィルム(小さく切っておく)
  • ビルダージェル(なければ固めのトップジェル)

オーロラ大理石ネイルやり方

1.ベースを塗った後に大理石ネイルをします。
2.しっかり大理石ネイルを硬化した後ビルダージェルを塗ります(硬化しない)。
3.小さく切ったオーロラフィルムを大理石ネイルの爪の真ん中中心に置いていきます。
4.トップジェルを大理石ネイルの上から薄く塗り、硬化。
5.未硬化ジェルを拭きとったらファイルで表面を削り、飛び出ているフィルムを削ります(削りすぎ注意)
6.ダストをエタノールでキレイにふき取ったら再度トップジェルを塗ります(硬化)。
7.未硬化ジェルを拭きとったら大理石ネイルの完成です。


オーロラ大理石ネイルは大理石ネイル単体よりもごまかしがきくので初心者向きです。
10本同じ大理石ネイルをするのもいいですが、数本にしてあとはオレンジなどその季節に似合うネイルにすると季節感がUPします

オーロラ大理石ネイルやり方のコツ1.フィルムの切り方

次に天然石風のオーロラ大理石ネイルのやり方のコツをご紹介します。オーロラ天然石ネイルのポイントとして【オーロラフィルムは角を残して切る】ということです。

大理石ネイルを作る際にまず下準備としてオーロラフィルムを小さく切ります。その際に【カクカクした形】に切りのがオーロラ大理石ネイルでは大切です。

大理石ネイルではフィルムの端が飛び出てしまうからといってつい角を落として切ってしまいがち。

しかしオーロラ天然石ネイルの割れ目感を出すために、丸みは出さずに三角など鋭利な角を出すようにランダムに切るやり方をします。

少しでも丸みを出すと天然石ネイル柄からかけ離れてしまうので切り方に注意します。

今ではあらかじめランダムに切ってあるフィルムも売られていますので大理石ネイルをする際はそちらを使うとい方法もあります。

オーロラ大理石ネイルやり方のコツ2.フィルムの載せ方

オーロラ大理石ネイルやり方のコツ2つ目はフィルムの載せ方です。大理石ネイルに限らずフィルムやシェルのを爪に乗せる際はネイルサロンでやっているやり方がありますのでご紹介します。

オーロラ大理石ネイルではビルダージェルを塗った後にフィルムを載せますがその際に
フィルムを乗せたら、空気を抜きながら密着させるということです。

ネイルサロンではウッドスティックを使ってつけていきますが、楊枝を使うやり方でもOKです。

しっかりと密着させないとオーロラ大理石ネイルでフィルムが飛び出てしまう恐れがあるためです。

大理石ネイルの上kにビルダージェルを塗りフィルムを乗せたら、飛び出ないように爪楊枝を使い空気を抜いていきます。

そしてライトに入れる前に、フィルムが大理石ネイルから飛び出ていないかチェックして硬化します。

とはいえ大体1つや2つは飛び出しているケースの方が多いです。その場合は表面を削るか再度トップジェルを塗ります。

オーロラ大理石ネイルやり方のコツ3.色の混ぜ方

オーロラ大理石ネイルやり方のコツ3つめは【大理石ネイル色の混ぜ方】です。

大理石ネイルの場合大抵色はそのまま使いません。大理石ネイルではクリアジェルを混ぜ透明感のある色を作ります。
大理石ネイルの場合どのぐらいの割合でクリアジェルと混ぜるかといえば色によるのですが

ベースカラーの場合、クリアジェル1:カラージェル0.5

くらいが大理石ネイルでは基本です。とはいえ白と透明感のあるピンクでは大理石ネイルでもクリアジェルの割合も変わってきます。
大理石ネイルをする際はまずはクリアジェルをパレットに出しておきカラージェルを少しずつ混ぜながら調節するやり方ですととカラージェルを無駄にせずに済みます。

この方法は大理石ネイルだけではなくグラデーションネイルを作る際にも使える方法です。

クリアジェルを混ぜて透明感のあるカラーにすることで奥行きのあるプロっぽい大理石ネイルに仕上がります。

透明感のある天然石ネイルのやり方

透明感のある天然石風大理石ネイルのやり方をご紹介します。

オーロラキラキラ、ニュアンス、天然石はいつでもかわいいですよね。天然石ネイル
というと白と黒のイメージが強いですが透明感を出すことで女性らしい大理石ネイルデザインを楽しむことができます。


透明感のある天然石風大理石ネイルのメリットは以下の通り。

・ベースカラーは1度塗り。しかも硬化しない→大理石ネイルの時短になる!

・クリアジェルのおかげで奥行きが出るのでプロっぽい大理石ネイルに仕上がる

・難しい大理石ネイルのひび割れ柄もうまくぼやけてくれるので楽!

では早速天然石風大理石ネイルのやり方をご紹介しましょう!

まず天然石風大理石ネイルの下準備ですがベースカラーはベージュ系を使います。

ベージュカラーは透明感のある色がベストですがネイルサロンではたいてい色はクリアジェルで薄めます。クリアジェルで薄めることで透明感がUPし天然石風大理石を再現することが出来るからです

私の場合たいてい不透明のベージュ系であれば天然石風大理石ネイルの場合
クリア2:ベージュ1ぐらいの割合で混ぜます。

最初にクリアをパレットに出しておいてベージュを調整することでベージュ色のジェルを無駄にせずに済みます。これは天然石風大理石ネイルの場合だけではなくグラデーションネイルをする際にも使える方法です。

さらに天然石風大理石ネイルでは下準備としてリアジェル+白で透明感のある色を作っておきます。

白は天然石風大理石ネイルの大理石の模様に使いますのでクリアジェルで薄めておきます。
割合は先ほどと同じようにクリア2:ホワイト1ぐらいです。


天然石風大理石ネイルやり方は以下の通り

1.べーズジェルを塗ります

2.ベージュ系のジェルを塗ります(硬化しない)

3.上から白の大理石ネイルの模様を入れます(私はXの形に入れるのが好きです)
いびつに入れるのが大理石ネイルのコツ→ここで硬化

4.ベージュ系のジェルを上から塗ります(硬化せず)

5.クリアジェルで薄めていないホワイトで先ほどかいた大理石ネイルの模様の線をもう一度なぞります

6.大理石ネイルの上からトップジェルを塗って完成です。

ポイントはベースカラーは一度塗り&硬化しない
ということ。透明感を出すため&時短のため天然石風大理石ネイルの場合、一度塗りをしその上から線を書いておきます。

再度同じように2度塗り+線を書いて奥行きを出して行きます。

実はこの方法、ネイルサロンで天然石風大理石ネイルをやる際に良くやる方法です。

天然石模様の上から再度色を塗ることで奥行きのある天然石ネイルを楽しむことが出来ます。

マニキュアを使った天然石ネイルやり方

天然石風大理石ネイルというと【ジェルネイル】が主流です。
とはいえぼかし作業をがうまく出来ればマニキュアでも天然石風大理石ネイルは可能です。

ここではマニキュアを使った大理石ネイルのやり方をご紹介します。

天然石風大理石ネイルやり方:材料

ホワイトネイル(透け感のあるホワイトがお勧めです)
ブラックネイル
ベージュ系ネイル
トップコート
ベースコート
細筆
除光液
楊枝
アルミホイル


マニキュアを使った、天然石風大理石ネイルのやり方

1.ベースマニキュアを塗ります。

2.ベースにホワイトを塗ります。天然石風大理石ネイルの透け感を出すために透明感のある薄いホワイトがお勧めです。
リッジフィラーやハードナーなどでも代用できます。
(ムラになってもOK)

3.ブラックネイルをアルミホイルに垂らしておき細筆をスタンバイ

4.細筆に黒を少量とり、Y、Z、Cなどの英字を書くようなイメージで爪に乗せていきます。

太いところや細いところ、かすれているところがある方がそれらしくなるのが天然石風大理石ネイルの特徴。下手に書けば書くほど天然石風大理石ネイルに近づきます。また1本のラインにしてしまうのではなく、途切れ途切れの線にしておきます。

2.すぐにトップコートの筆で黒い線にそってなじませぼかしていきます。

トップコートの筆は黒の色がついているので除光液を含ませたティッシュでふき取ります。

3.ベージュ系のネイルをランダムに乗せ、再度トップコートの筆でなじませます。

5.ホワイトをランダムに乗せてトップコートの筆でなじませます。

ホワイト、ベージュ、黒の色が混ざって天然石のように見えるのが天然石風大理石ネイル特徴です。

という感じになりますが、この天然石風大理石ネイルの方法の欠点は【沢山マニキュアを塗ってしまうので乾きにくい】といこと。マニキュアはジェルネイルと違って乾くのがが遅いのでこの後きちんと乾かすことが大切です。

天然石風大理石ネイルの仕上げのトップコートは速乾トップコートを使うやり方がお勧めです。

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

東京生まれ。長野県育ち。

大阪大学卒業後に貿易関係の仕事に携わる。その後元々興味のあったネイリストへ転身。ネイルを優雅に楽しめる個室型の高級ネイルサロンを開業。独特のネイルサロンが話題になりTBS系連続テレビドラマにネイルサロンが採用され自身も初出演する。またネイル好きな方やネイリスト向けにネイル教材を多数開発している。ネイルの基本的な技術やサロンワークなどをプロの視点からわかりやすく解説することに定評がある。

資格・経歴