ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ネイリスト検定におすすめのアセトンやリムーバー類ってある?

ネイリスト検定アセトン

ネイリスト検定でお勧めのアセトンやリムーバについてご紹介します。

ネイリスト検定におすすめのアセトンやリムーバ類ってある?

アセトンよりも「ポリッシュリムーバー」がお勧め

ネイリスト検定におすすめのアセトンやリムーバー類ってあるんでしょうか?

ネイリスト検定2級に合格した経験のある筆者の意見としては

3級、2級の場合はアセトンよりも除光液の方がおすすめです。

正直アセトンってネイリスト検定3級や3級には必要ないからです。

落とすもの、といえばポリッシュだけ。

さらにネイリスト検定2級のチップラップの際も筆者は除光液だけで乗り切りました。

もちろん持って行ってもいいですがポリッシュを落とすだけなら除光液で充分です。

ちなみにネイリスト検定ってどんな試験?

という方のために以下で詳しくまとめています。

これからネイリスト検定を受けようという方は是非こちらをご覧ください↓

ネイリスト検定ってどんな資格?最短で合格するコツ

関連動画

関連動画をご紹介します。今回はネイリスト検定のテーブルセッティングをご紹介しています。以前はネイルスクールに行かないとなかなかわからなかったコツについて細かく説明しています。是非ご覧ください↓

アセトンは指先を白くしてしまうことも

ネイリスト検定3級や2級でなぜアセトンじゃなくて除光液がよいかといえば

アセトンは指先を白くしてしまう

ということがあるからです。

アセトンを使ったことがある人ならわかりますが

アセトンは皮膚につくと

引くぐらい指先の肌が白くなります。

ネイリスト検定でカラーリングオフした後に白くなったらびっくりしますよね。

そのためネイリスト検定でカラーリングオフするなら除光液がお勧めです。

ちなみに難関といわれるネイリスト検定2級に合格するためのコツについてくわしくまとめました。

興味のある方は是非ご覧ください↓

ネイリスト検定2級で一発合格するためのコツと注意点

落としやすさ重視ならラメ用除光液を

ネイリスト検定アセトン

ネイリスト検定でカラーリングオフを手早くしたい、という場合には

ラメ用除光液を使う(アセトン入り)

という方法があります。

ラメ用除光液はアセトンの量が他よりも多いのでポリッシュも素早く落ちます。

ラメ用除光液といえばOPIから出ている「エクスパートタッチラッカーリムーバー」です。

OPIの除光液はちょっとお高いですが、非常によく落ちます。

筆者の場合ネイルサロンで「ラメ」や1か月以上たった固くなったマニキュアを落とす際によく使います。

本当によく落ちます。

(ただしこちらの除光液は保湿成分が入っていますのでネイルをする際はプレプライマーなどでふき取るのがお勧めです)

ただしこちらのアセトンリムーバーは爪には成分が強いので多用しないようにするのがお勧めです。

ネイリスト検定では「オイル成分」が入っていないものを選ぶ

ネイリスト検定で使うアセトンリムーバーの選び方で大切なのが

「オイルが入っていないものを選ぶ」

ということです。

市販されているリムーバーの中には保湿成分やオイルが入っているものがあります。

もちろん爪にはいいのですがネイリスト検定の際はNGです。

爪の上に油分が残っているとネイルケアしにくかったり最悪ポリッシュをはじいてしまうことがあるからです。

そのため油分が入っていないアセトンリムーバーがベストです。

地網に筆者がネイルサロンで使っているアセトンリムーバーにはもちろん油分や保湿成分は入っていません。

保湿成分は入っていないですが落ちる力が強いので短時間でさっと素早くとることができます。

普通の除光液にアセトンを入れるという裏技も

ネイリスト検定の裏技として「アセトンリムーバにアセトンを入れる」というやり方もあるようです。

筆者自身はやったことがありませんが確かにこの方法だったらポリッシュも早くオフできそうですね。

アセトンの量が多い方がオフする力も強いからです。

ただしあまりに入れすぎると「指先の皮膚が真っ白になってしまう」ので入れすぎには注意が必要です。

やるなら様子を見ながら行いましょう。

ネイリスト検定であると便利なリムーバーアイテム

ネイリスト検定のアセトンリムーバにはメンダが必須

ネイリスト検定にメンダは必須です。

メンダとは、リムーバやエタノールを入れる容器です。

上に蓋がついていますがポンプの役割もしているので押すと溶剤が染み出てきます。

ネイリスト検定の時間短縮にはまずメンダを使いましょう。

メンダにはロック機能がついているものがあります。

ロックすることで持ち運びの際にこぼれなくて済む、というものです。

筆者もいくつか持っていますが正直使いづらかったのもありますし値段が高かったので止めました。

今ではアセトンリムーバーをミニボトルに入れ、会場についてからメンダに移し替えています。

メンダは「オールプラスチック」もあります。安価で見た目もかわいいです。

しかし使いやすさで言えば「メタル」タイプの方です。

ネイリスト検定を受けるならばメタルタイプのメンダがお勧めです。

ミニボトルのアセトン除光液で落ちやすさキープ

ネイリスト検定

ネイリスト検定のアセトンリムーバーは「落ちやすい」ということが非常に大事です。

そのため筆者の場合除光液はミニボトルに入れて持ち運んでいました。

実は除光液って中身よりも「ボトル」の方が費用が掛かっているといわれています。

溶剤に溶けることなく、揮発を防ぐ。

だから頑丈な容器が必要なんです。

特にメンダにアセトン除光液を入れっぱなしにしておくと揮発してしまいます。

せっかく高いアセトンリムーバーでも揮発してしまったら意味がありません。

筆者の場合にはミニボトルに入れておいて使うときになったら「メンダに移す」ということをしていました。

おかげで揮発することなくポリッシュオフも簡単でした。

もちろんカバンの中でメンダが漏れたり匂うのも予防できます。

ノンアセトンではなくアセトンリムーバーがよい訳

ネイリスト検定でノンアセトンとアセトンどちらがいいか?

と悩んでいる人もいると思います。

実は筆者もそんな一人。

モデルさんの爪のことを考えるとノンアセトンの方がいいのかなぁ。

そんなことを考えていました。

しかし結論から言えば

ノンアセトンが決して爪に良い

というわけではありません。

ノンアセトンリムーバーの中には爪を非常に乾燥させる成分が入っているものも少なくないからです。

さらにアセトンリムーバーはの方がやっぱりポリッシュが素早く落ちる

という点も魅力です。

素早くネイルを落とすためにもアセトン入りのリムーバーがお勧めです。

もちろん普段からモデルさんの指先の保湿はきちんと行うようにするのが大切です。

最後に

今回はネイリスト検定で使うお勧めのアセトンやリムーバー類についてご紹介しました。

リムーバー類を上手に使うことでネイリスト検定でもスムーズにネイルをこなせます。

是非頑張りましょう!

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。