ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

フットネイルをするとパンプスが痛い!痛くならないコツと対策

マニキュアベースコート使い方

フットネイルをするとパンプスが痛い!

そんな事ありませんか?

ここではプロのネイリストがフットネイルの原因と対策をまとめました。

フットネイルをするとパンプスが痛いのはなぜ?

痛い原因は大きいストーンなどのネイルアート

フットネイルをするとパンプスが痛い理由としては

大きいストーンなどが爪を圧迫するから

があげられます。

フットネイルの大きいストーンは可愛いですが足にピッタリしたパンプスにとっては邪魔になります。

もし大きいいストーンをフットネイルで付ける場合にはパンプスではなく足の指が出るサンダルを主に履くことをお勧めします。

ちなみにペディキュアで痛みが出る原因についてはいくつかあります。

中には簡単に解決できるものもありますので是非ご覧ください↓

ペディキュアをすると親指が痛い!原因と対策まとめ

関連動画

フットネイルの関連動画をご紹介します。

フットネイルする際の爪の削り方についての動画です。

爪の形と痛みは結構関係がありますので気になる方は是非ご覧ください!

フットネイルをするとパンプスが痛い原因その他

フットネイルをしたまま爪が伸びすぎている

フットネイルをするとパンプスが痛い原因は実はほかにもあります。

その一つが【足爪が伸びすぎている】という事。

フットネイルは手のネイルよりもものすごく持ちます。

半年ぐらいもつ人もいるぐらいです。

しかしそのまま放っておくと足の爪はどんどん伸びてしまいます。

足の爪が伸びると当然パンプスの中で圧迫されますので痛みが出る場合もあります。

ネイルサロンでは足爪の長さは

上から見て足の指が隠れる程度

に切るのが一般的です。

もちろんこれよりも短くする場合もありますがあまり長すぎる、というのはおススメしません。

パンプスのサイズも変わってしまいますし、パンプスがきつくなり歩きづらくなるからです。

もしフットネイルをしたまま1か月以上たってパンプスが痛くなってきたりきつくなった場合は

爪の長さをチェックしてみることをお勧めします。

ちなみにフットネイルをセルフでやる場合のやり方の基本についてはこちらで詳しくまとめています。

これからフットネイルを使用という方は是非ご覧ください↓

フットネイルをセルフでキレイにする方法まとめ

ジェルネイルによる爪への圧迫

フットネイルをしてパンプスを履くと爪が痛い理由に

ジェルネイルによる爪の圧迫

があります。

ネイルは

液体⇒個体

になるときに若干縮みます。

ジェルネイルの場合には(メーカーに寄りますが)10%前後縮むと言われています

そのためもともと爪が巻きいやすい人などはフットジェルをする際に爪が圧迫されることがあります。

フットネイルで爪が圧迫された状態で足にピッタリしたパンプスを履くとどうなるでしょうか?

もちろん爪はさらに圧迫されて痛みが出る場合があります。

特に痛みが出るのは親指が多いです。

筆者のネイルサロンではもともと爪が巻きやすかったり、陥入爪で痛みがあるときはジェルネイルよりもマニキュアをおススメしています。

爪の切り方によってパンプスを履いた時に痛みが出ることも

以前筆者のネイルサロンでも実際にあった話なのですが

パンプスを履くと痛い

というお客様の爪をよく見ると親指の爪の両端にかなりの長さの切り残しがありました。

特に爪が巻いている人の場合、爪の両端は皮膚に隠れて良く見えません。

なので切り残しが発生してしまい放置しておくとかなりの長さになります。

そのままパンプスを履くと当然圧迫されて痛みが出ます。

そのお客様の場合にも【先のとがったパンプスを履く】ことが多かったため痛みが出ていたようでした。

専用のニッパーで切り残してあった爪を切ったところ、痛みはで亡くなったようでした。

このように【爪の切り残し】が原因の場合もあるので痛みのあるかたはチェックしてみてはいかがでしょうか?

ちなみにフットネイルをするなら手のネイルもやりたくなっちゃいませんか?

両方のネイルって統一すべきなんでしょうか?詳しくはこちら↓是非ご覧ください。

ペディキュアとマニキュアは両方同じ色で統一すべき?

フットネイルをしてもパンプスが痛くならない対策

ではフットネイルをしてパンプスを履いた時に痛みが出ない方法について具体的にご紹介します。

フットネイルのアートはフラットアートがおすすめ

フットネイルをした時にパンプスで痛い!とならないために大切なのが

大きいストーンは避ける

という事です。

ストーンはキラキラして可愛いですが、大きすぎるストーンはパンプスを履くと爪を圧迫することもあるあるからです。

筆者のおススメが【フラットなネイルアート】

つまり

ストーンとか凹凸したパーツを使わず【フレンチ】などのネイルアート+ホロやラメのみで仕上げる平らなアート

がおススメです。

筆者の場合もストーンは一番小さいサイズを一つだけ使ったりします。

さらに最近では

オーロラフィルム

などを使った奥行きのあるフットネイルが人気。

ストーンを使わなくてもできるフラットアートはたくさんありますので是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

パンプスを履くならフットネイルは毎月付け替える

次にフットネイルをする場合に気を付けたいのが

月1回を目安に付け替える

という事です。

特にパンプスを履くならフットネイルは月1回の付け替えがおススメです。

特にフットネイルをすると爪が早く伸びる傾向があります(指先に刺激が行くので新陳代謝UPで爪が伸びると思われます)。

そのため1か月半ぐらいを過ぎると【パンプスが小さくなったかな?】と感じぐるぐらいに伸びることも。

そのままにしておくと痛い!となる場合もありますしジェルネイルの場合は伸びた部分が巻いてくることもあります。

そうなると慢性的に痛みが出る場合もあります。

そうならないためにも月1回を目安に付け替えることがおすすめです。

フットネイルはジェルネイルよりもマニキュアを

さらに爪が巻きやすいという人はフットネイルをする場合は

ジェルネイルよりもマニキュア

がおすすめです。

ジェルネイルもマニキュアも硬化すると多少縮みますがマニキュアの方が薄塗りという事もあり縮みが小さいようです。

そのため筆者のネイルサロンでも

手はジェルネイル

足はマニキュア

というお客さんが少なくありません。

さらにフットネイルの場合はマニキュアでもかなり持ちますので塗り替えの手間もそれほどかかりません。

是非フットネイルをすると痛みが・・・・という場合はジェルではなくマニキュアを試してみてはいかがでしょうか?

最後に

今回はフットネイルをしてパンプスを履くと痛い理由と対策についてご紹介しました。

サンダルの普及で多くの女性がフットネイルを楽しんでいます。

一方で痛みが出るというお悩みも結構多く、筆者自身も巻き爪気味なので試行錯誤してきました。

是非フットネイルをする方に参考にしていただけると嬉しいです。

フットネイルでおしゃれをもっと楽しんじゃいましょう♪

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。