ネイルを優雅に楽しめる個室ネイルサロン

ネイルサロン エクラーラ

ジェルネイルの種類とは?ハードとソフトの違いも解説!

ジェルネイル

ジェルネイルの種類がたくさんあって分からない!!そんな初心者の方のためにジェルネイルの種類についてご紹介します。

ジェルネイルの種類をざっくり紹介します。

ジェルの種類をざっくり分けるとソフトかハード

ジェルネイルの種類をざっくり大きく分けると

  • ソフトジェル
  • ハードジェル

この2つに分かれます

ソフトジェルはネイルサロンでも大人気のジェルネイル。

最近ではハードよりソフトを選ぶ人が多いです。

セルフネイル用のジェルとして売られているのもほとんどがソフト。

ソフトかハードで迷ったらまずはソフトジェルがおススメです♪

こちらもおすすめ⇒クリアジェルって何?

ソフトジェルとは?

ソフトジェルの別名は【ソークオフジェル】つまり【溶かしてオフ出来るジェル】のこと。

ハードと違ってオフ剤(アセトン)で取ることが出来ます。

そのため現在のネイルサロンでは主流のジェルとなっています。

そのほかの特長としては

・柔軟性があり、爪に綺麗にフィットする

・柔らかく付け心地が軽い

・ソフトジェルでの長さ出しは出来ない

また、ソフトジェルは柔軟性があり軽い付け心地ちが特徴です。

ただし自爪が薄くて柔らかい方はソフトジェルの密着が悪く、剥がれやすい場合も。

さらに長さ出しを出来るほどの硬さはありません。

数ミリ程度でしたらできるものもありますが、ネイルサロンでは通常ハードジェルやスカルプジェル(長さ出し専用ジェル)を使います。

ハードジェルとは?

ハードジェルって何でしょうか?一言で言えば【溶剤で溶けないジェル】の事です。そのほかの特徴は以下の通り。

・溶剤で溶かしてオフができない。オフするときは削る。

・硬いジェル(ソフトジェルよりも硬い)

・ソフトジェルに比べて傷がつきにくい

・ハードジェルで長さ出しができる(ソフトに比べて耐久性がある)

ハードジェルはソフトジェルと違ってオフ用の溶剤(アセトン)で溶けないジェルネイル。

オフをする際にはハードジェルをネイルマシンやファイルで削ってオフをします。

1本ずつ削り取るためオフに時間がかかります。

ネイルサロンではオフする際にはネイルマシンを使いますが、ファイルで削る都なると非常に時間がかかります。

一方で硬さがあるためにジェルの長さ出し(爪の長さの延長)をすることもできます。

トップジェルとベースジェルの違いとは?

ジェルを始めるならソフトジェルがおすすめ!

今やるなら断然ソフトジェル!

ソフトジェルとハードジェル、やるならどっちがいいでしょうか?

私のおススメは断然ソフトジェルです!

理由は【好きな時に落とせる】【手軽に落とせる】からです。

実はジェルネイルの場合【塗るよりも落とす方がめんどくさい】です。

その点ソフトジェルなら溶剤で落とす事ができる(とはいえ30分以上かかりますが)のでその点オフの手間は少ないです。

さらに削るとなると【ハードジェルは硬い!】です。

ファイルで削ろうとしても最初はなかなか傷が入りません・・・ネイルサロンではネイルマシンを使って削っていきますがそれでも結構時間がかかります。

以上の理由から迷ったら「ソフトジェル」がおススメです!

ソフトジェルってどんなメーカーがあるの?

ソフトジェルといっても実は様々なメーカーがあります。

一番有名なのが

  • カルジェル
  • バイオジェル
  • パラジェル

この3つです。ちなみにどれもソフトジェルです。

それぞれの違いについてご紹介します。

パラジェルオフのやり方&おススメのリムーバーまとめ

カルジェルって何?

まずはカルジェルについて。

カルジェルは溶液で落ちるソークオフジェルネイル(ソフトジェル)。
日本で初めて導入され、世界各国で30年以上愛されている高品質ソフトジェルネイルです。参照:Calgel

付け心地がとても軽いのが特徴です。

酸素の蒸散を妨げないガス・パーマブルシステムを採用しているのでカビの心配もなさそうですね。

ネイルサロンの中ではカルジェルは【柔らかいジェル】の位置づけです。

最近は気軽に購入できるようになりましたがが一寸前までは【カルジェルの研修】を受けなければ購入できないほど。

それぐらい製品や使い方にこだわりがあったとも言えます(現在はプロネイリストであれば購入できるようになりました)。

ネイルサロンでも人気のジェルネイルです。

バイオジェルって何?

バイオジェルについて。

地爪の状態に合うベース作りをすることで、リフトしにくく、仕上がりの美しさを長く保てるバイオスカルプチュアジェルは、現在40カ国以上で導入され、世界中のプロネイリストから支持され続けています。参照:バイオジェル

世界初のソークオフジェルを発売したメーカーとしてしられています。

日本のネイルサロンでもカルジェルとバイオは二大ジェルブランドとして高い支持を得ています。

バイオジェルでは爪を削る(サンディング)ことがほぼなく、スカルプネイルをつける際に利用する強力な接着剤をつけることがありません。

爪に優しいジェルネイルと言われています。

カルジェルとどちらがいいか?という事ですがその人の爪の上程によって使い分けるというのが一般的です。

パラジェルとは?

バイオやカルジェルに比べて後発ジェルブランドにパラジェルがあります。

パラジェルはサンディング不要のジェルネイル。 モチが抜群で爪を削らないので、爪を傷めることなく健康に導くことができます。 さらには高級顔料使用のオリジナルジェルで、発色がよく退色が少ないのも特長です。参照:パラジェル

ジェルネイルブームの後、【ジェルネイルで爪が傷んだ】という悩みを解決するために発売され大人気となったのがパラジェルです。

パラジェルの特長は【サンディング不要】という点です。

傷んだ爪にも優しくフィットして使い続けることで数か月後にはキレイな爪に生まれ変わると言われています。

実際使ってみた感想ですが【密着感が半端ない】という事です。

カルジェルやバイオもそうですが、この3つはプロ用ですので密着感が非常に高いです。

またジェルオフする際にもパラジェルはオフしづらい印象です。(セルフの場合)

筆者おススメのジェルは?

最後に私のおススメのソフトジェルをご紹介します。

それがネイルラボから出ている【プレスト】です。

ネイルラボとは知る人ぞ知る日本の老舗ネイルメーカー。

プレストのいいところは

・日本製♪(日本人好みの色がたくさんある)

・オフがしやすい!(溶剤が染み込みやすい)

・セミハード(柔らかすぎないのでほどよい強度)

私が一番好きなのがジェルオフしやすいという点です。

モチが言い分爪にしつこく残るジェルもありますがプレストならジェルオフ後ぱらっとジェルが取れてくれます。

最近はセルフネイル用のジェルもありますので気になる方は是非チェックしてみてはどうでしょうか?

この記事を書いた人

プロフィール

ネイルサロン エクラーラ 代表

山崎さやか Yamazaki sayaka

ネイリスト。東京生まれ。長野県育ち。JNECネイリスト技能検定試験2級取得。ネイルサロンの現場で培ったネイルテクニックやお悩み相談などでお役に立つことがあればと思いブログを執筆しています。何かネイルに関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください♪

個室ネイルサロンやってます

サロン内

「ネイルをゆっくり楽しめる大人のサロンがあったらいいのにね」という声にお応えして個室ネイルサロンを2014年に大井町にオープンしました。